デジタル
2017/3/2 15:24

iPhoneで本格カメラ並の写真! 実力派の後付レンズで撮影の幅を広げよう

年々高性能になるiPhoneのカメラですが、本格的な撮影をしようとすると、まだまだ不満を感じることも。例えば、画角が調整できないため、広い場所や遠いものが撮りにくいです。それにズームをすると、一気に画像が劣化……。スマートフォンのカメラだけではやはり、限界があります。

 

そんなとき、役に立つのがスマートフォン専用の外付けレンズ。意外とiPhoneユーザーにも知られていないのですが、つけるだけでこれまでのスマートフォンではできなかった自由な撮影が可能になるのです。そこで今回は、便利で高画質なiPhone向けの外付けレンズを集めてみました!

 

【その1】iPhoneで本気の撮影をするなら「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar」

ドイツのCarl Zeiss(カール・ツァイス)といえば、高品質なレンズで有名。単体のレンズからデジカメへの技術提供まで、さまざまな場所でその画作りへの姿勢が評価されています。そしてExoLensがZeissと手を組んだ、iPhone向けの外付けレンズ「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar」が販売されているんです!

 

20170210niphone2

 

見るからに高品質なボディが美しく、「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar」は、歪みのない端から端までのコントラストと圧倒的な画質を実現。この歪みのない画像って、iPhoneの外付けレンズではかなり難しいんですよ〜。

 

上の画像は、2倍の望遠撮影ができる「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar 2.0x Asph T*望遠レンズ」。旅行などでちょっと離れた被写体を撮影するのにぴったりです。またレンズにはZEISS T*反射防止コーティングが施され、明るさを確保。外付けレンズ特有の視野の暗さを防いでくれます。

 

20170210niphone3

 

本体はEdgeマウント経由で、iPhoneに固定できます。Edgeマウントは小さくて目立ちにくいだけでなく、コールドシューマウント経由で外づけフラッシュやマイク、キーリングを装着することも可能。またiPhoneを傷つけないように、内側には柔らかい内張りが施されています。

 

20170210niphone4

 

さらに、0.6倍の広角を撮影する「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar 0.6x Asph T*広角レンズ」も登場。こちらは大きな建物や風景の撮影に役立ちそうですね!

 

対応スマートフォンはiPhone 6/6s、iPhone 6 Plus/6s Plus、iPhone 7。価格はアップルのオンラインストアにて望遠レンズが2万9000円(税抜)、広角レンズが2万5000円(税抜)にて販売されています。

 

【その2】画質もおしゃれ度も高いケース込みの外付けレンズキット「Moment 2.0」

高画質な外付けレンズはもちろんだけど、おしゃれさも重視したい! そんな欲張りさんにオススメなのが、現在クラウドファンディングサイトにてプロジェクトを行っている「Moment 2.0」です。

 

20170210niphone5

 

前モデルの「Moment」も高画質で好評だったこの外付けレンズ。すべてが新しくなった「Moment 2.0」では広角レンズが新設計されただけでなく、iPhoneの魅力に負けないおしゃれなウッド調のケース、さらにはバッテリーケースまで登場したんです。

 

20170210niphone6

 

まずウッド調の「PHOTO CASE」では、iPhoneを優しく保護しながらレンズのマウントにもなります。さらにiPhone 7 Plusの両方のレンズで使えるのもナイス。iPhone 7 Plusの望遠側に望遠レンズを装着すれば、さらに遠くのものも撮影できます。

 

そしてバッテリーケース「BATTERY PHOTO CASE」では、iPhone 7用なら2500mAh/iPhone 7 Plus用なら3500mAhの追加バッテリー容量をプラス。写真撮影って、結構バッテリーを食うんですよね。でもこのケースなら、バッテリー残量を気にせずに撮影に臨めます。

 

「Moment 2.0」にはワイド/望遠/魚眼/マクロの4種類のレンズが登場。

「PHOTO CASE」とレンズ1つのセットが105ドル(約1万2000円)、「BATTERY PHOTO CASE」とレンズ1つのセットが159ドル(約1万8000円)。またレンズ3つ付属のセットもそれぞれ299ドル(約3万4000円)と349ドル(約4万円)で、2017年の6月に配送予定。こちら、日本への配送も対応していますよ!

 

【その3】オトコゴコロをくすぐる3つのレンズが付いたスマホケース「SLIDER」

最後はなんともメカが楽しい、3つのレンズを切り替えて使える外付けレンズ付きケース「SLIDER」のご紹介。カチカチっと背面のレンズを切り替えることで、ワイド・魚眼・2倍望遠を気軽に使いまわせる逸品です。

 

20170210niphone7

 

「SLIDER」のレンズは3種類ですが、実際に撮影できるのは5モード。ワイド・魚眼・2倍望遠にくわえ、ワイドレンズのフロント部分を取り外せばマクロ、そしてiPhoneオリジナルのレンズでも撮影可能。これだけの撮影モードを、レンズの付替なしでできるのは圧倒的に便利ですね。

 

20170210niphon8

 

対応スマートフォンはiPhone 6 PlusとiPhone 6s Plus。サンワダイレクトにて2678円(税込)にて販売されています。ポケットに入れるにはちょっとゴツいケースとなってしまいますが、この機動力は使い道によっては大きな武器となるはずですよ!