デジタル
2017/5/7 17:30

防水機能が進化した楽天の電子書籍端末「Kobo Aura H2O Edition 2」

楽天グループのRakuten Koboは、新型電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」と軽量デザインの「Kobo Aura Edition 2」の2機種を5月23日に発売します。実売価格はKobo Aura H2O Edition 2が1万8500円、Kobo Aura Edition 2が1万2800円(いずれも税抜)。

 

「Kobo Aura H2O Edition 2」は、2015年2月から国内で一般販売されている「Kobo Aura H2O」の後継モデル。防水機能を備えた前モデルからさらに進化し、端末の内部に塗布されたコーティング技術により、USBポートカバーがなくても浸水に耐える「HZO Protection」を搭載していることが特徴です。これにより、水深2メートルで最大60分間の耐久が可能な防水性を備え、入浴中やプールサイドでも安心して利用できます。

20170507-i01 (2)

また、昼間の読書に適した明るい白色の昼光色から、就寝前の読書に適したオレンジ色の電球色まで、ブルーライトの放出量を調節できるフロントライト技術「ComfortLight PRO」も採用。就寝時間を設定すると、その時間に合わせて太陽光の自然な移り変わりを模した色相調整も行います。

 

6.8型の「Carta E Ink HD タッチスクリーン」(解像度1440×1080ドット、265ppi)は、コミック本とおよそ同一のサイズ(縦172×横129×厚さ8.8mm)のため、紙製のコミック本を読む感覚で読書を楽しめたり、手軽に持ち運んだりすることが可能。

 

前モデルと比較して、厚さは9.7mmから8.8mmへ薄くなり、重さも233gから207gへ軽量化しています。内蔵メモリは8GBで書籍なら約6000冊、コミックなら約120~300冊を保存可能。バッテリーは数週間持続するので、外出先や旅行先でも安心して利用できます。専用カバーはブラックのみで、価格は3480円(税抜)。

 

お手軽価格の「Kobo Aura Edition 2」

「Kobo Aura Edition 2」は、6型の「Carta E Inkタッチスクリーン」(解像度1024×768ドット、212ppi)を採用し、ポケットに入るほど持ち運びに最適な小型電子書籍リーダーです。サイズは155.3×111×9mmで、重量は180g。

20170507-i01 (1)

 

内蔵メモリは約4GBで、書籍約3,000冊分、または、コミック約60~150冊分を保存可能。フロントライトを搭載し、寝室など照明を落とした環境であっても快適に読書を楽しめます。別売りの専用ブックカバーは、レッド、ブルー、ブラックの3色を展開しており、好みに合わせた選択が可能。価格は3480円(税抜)。

 

とりあえず電子書籍を使ってみたいという方にぴったりな、価格を抑えたエントリーモデルとなっています。

 

TAG
SHARE ON