デジタル
デジタル周辺機器
2017/11/1 20:26

電球を入れ替えるだけで防犯完了! 屋内用ダウンライト型ネットワーク防犯カメラ「Kalay Home」

先日アユートから、電球ソケットに接続する屋内用ダウンライト型ネットワーク防犯カメラ「Kalay Home」が発売されました。実売価格は1万5980円。最近ネットワークに対応してスマホ連携する防犯グッズが注目を浴びていますが、中でもこの「Kalay Home」には、特におすすめしたいワケがあります。それは「手軽さ」。

 

20171101_tama02

 

Kalay Homeにはどんな機能があるかというと、スマホを介した映像監視機能、動体検知センサー、LED照明、マイク・スピーカー内蔵による会話機能、録画機能を備えています。

 

まず動体検知センサーによって、Kalay Homeの設置位置から垂直4メートル、半径2メートルの範囲で何か動きを検知すると、自動で映像録画を開始しLED照明を自動点灯させます。自動録画時間、LEDの自動点灯時間ともに1分間。

 

またセンサーが反応すると連携しているスマホに通知がくるので、外出先からでもすぐに自宅内で何が起きているか確認可能です。本体に市販のmicro SDを装填しておけば、動体検知センサー作動による自動録画はmicro SDに記録され、大量の動画を記録しておくことができます。カメラは魚眼レンズを搭載しているので、天井から広い視野でを見通せるのも特徴です。

 

20171101_tama05

 

スマホから手動でリアルタイムの状況を動画で確認することもできます。スマホの操作による録画とスナップショットはスマホ側に記録。またスマホから遠隔で本機にアクセスし、内蔵スピーカーとマイクロホンで会話も可能。家にいる子供やペットに話しかけたり、防犯用途で言えばダイレクトな警告を出したりできますね。

 

↑ディスプレイでシームレスに動画を確認できる
↑ディスプレイでシームレスに動画を確認できる

 

ネットワーク設定や本機の操作は、無料の専用アプリ「KalayLightCam」を使用します。スマホがオンライン上であれば、アプリからリアルタイムで映像の確認や録画、スナップショットの撮影が可能。LEDライトのオンオフや動体検知センサーのオンオフ、画質(HD/SD)の変更もスマホから操作できます。

 

Kalay Homeの手軽さはアプリでの一括操作も大きな要因になっていますが、実はもっとシンプルな理由があります。それは設置の手軽さ。一般的なE26口金を採用しているので、電球ソケットに入れ替えるだけで設置完了。壁や天井に穴を開けることなく工具不要で玄関や廊下などに簡単に取付けができます。この手軽さはなかなか他の防犯グッズでは味わえないところ。

 

20171101_tama03

 

電球ソケットに取り付けるネットワーク防犯カメラ「Kalay Home」。自宅のセキュリティを高めたいけど手間はかけたくない。そんな人は、工事不要で取り付けが簡単なのでぜひ設置してみてはいかがでしょうか。

 

【SPEC】

サイズ/質量:約W130×H139×D130㎜/200g

対応スマホ:iPhone 5S 以降、Android OS 4.1以上(Google Playストアに非対応な端末は除く)

※Wi-Fiタブレット端末は非対応

電源:AC 100

無線LAN:802.11b/g/n

内蔵スピーカー:8Ω、0.5W

マイク:コンデンサーマイク

口金:E26

光束:310lm

色温度:5700K

消費電力:6W (LED)

映像素子: 1/4 インチ CMOSセンサ

画素数:100万画素

画角:H:185° / Y:185° / D:185°

最大解像度:720P(1280×720)

記録方式:MPEG / H.264

フレームレート:5-30fps

記録媒体:Micro SD/SDHC 最大32GB (別売)

動体検知有効距離:4m

TAG
SHARE ON