デジタル
2016/5/19 12:50

誰でも手軽に監視できちゃう!? クラウド対応ネットワークカメラ「SpotCam HD Eva」

プラネックスコミュニケーションズは、クラウド対応型のネットワークカメラ「SpotCam HD Eva」を5月18日に発売開始しました。実売価格は2万9800円です。

 

同社のネットワークカメラは、「カメラ一発!」シリーズや「スマカメ」などをラインナップしていますが、従来の製品がPtoP方式(ネットワークカメラにPCやスマホから直接アクセスする方式)なのに対し、今回の新製品は、カメラで撮影した映像を一度クラウド上にアップし、クラウドにアクセスして映像を見る方式を採用しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑クラウド方式のネットワークカメラ「SpotCam-HD-Eva」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑スマートフォンやタブレット、PCなどで、カメラの映像をリアルタイムもしくは24時間さかのぼって見ることができます

 

PtoP方式では回線速度など帯域の太さに依存するため、同時に視聴できるのは数人程度だったのですが、クラウド方式ではその負担が軽減され、100人くらいで視聴しても問題ありません。さらに、クラウドのオーナーが視聴できる人を招待しなければ映像にアクセスできないため、セキュリティ対策もばっちりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑招待された人のみ映像を視聴できます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑秋葉原に設置されたパブリックカメラの映像

 

SpotCamを購入したユーザーは、無料でクラウド上に24時間分の動画をアップすることが可能。連続してアップロードする場合は、24時間経過した分は上書きされていきます。24時間以上の映像を残して置きたい場合は、有料の録画プランも用意。先行してリリースしているヨーロッパなどでは7日間録画プランが人気となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑有料プラン

 

SpotCamシリーズでは、すでに室内用の「SpotCam-HD」と屋外用の「SpotCam-HD-Pro」がリリースされています。上記の2モデルは固定画面での使用となりますが、今回発表したSpotCam-HD-Evaはパン(左右振り)とチルト(上下振り)に対応しています。オーナーのみの権限となっていますが、ネットワーク上で操作ができるので、遠隔から部屋の至るところまで確認することが可能です。

 

クラウド上の映像を個人のストレージに保存することもできます。通常の録画の場合、1ファイルで最大10分間の映像が保存可能。タイムラプス動画にも対応しているため、花の開花や昆虫の羽化などの長時間の動画撮影にも適しています。さらに、それらの保存した動画はFacebookやYoutubeにもアップロード可能です。

 

画質は720pのHD画質で、双方向通話にも対応。暗所でも視認できる高感度撮影にも対応しており、ネットワークカメラとしての性能も高めです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑パブリックカメラはFacebookやtwitter、Google+で共有が可能

 

↑タイムラプス録画にも対応
↑タイムラプス録画にも対応

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑本体背面にはスピーカーが完備しており、視聴している人の音声を出力できます

 

ペットや子ども、お年寄りの見守りや防犯目的、イベントや街角や店頭の定点カメラとしても使えるSpotCam。自宅にネット環境があればセッティングもラクラク。いつでもどこでも家の様子がわかるので、安心して出掛けられますよ!

 

【URL】
プラネックスコミュニケーションズ http://www.planex.co.jp/
製品情報ページ http://www.planex.co.jp/products/spotcam-hd-eva/

TAG
    SHARE ON