デジタル
パソコン
2020/1/23 9:00

VAIO初の6コア搭載! 「VAIO SX12」「VAIO SX14」パフォーマンスアップモデル登場!

VAIO社は1月23日、「VAIO SX12」「VAIO SX14」を発表しました。

↑VAIO SX12(左)、VAIO SX14(右)

 

VAIO SX12は、約887gと軽量のサブノートサイズに、12.5インチの液晶とフルピッチキーボードを搭載した、VAIOの最小形メインマシンです。

↑VAIO SX12(市場想定価格:税抜19万7800円~)

 

VAIO SX14は、大画面×軽量×高速がコンセプトで、約999gの軽量ボディでありながら、13インチサイズに14.0インチ液晶を搭載しています。ディスプレイは4Kの高解像度液晶も選ぶことができます。

↑VAIO SX14(市場想定価格:税抜19万7800円~)

 

今回発表されたSX12、SX14ともに、VAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」の威力を最大限に引き出す、インテルの第10世代プロセッサー「Core i7-10710U」を搭載。VAIOモバイルPC初となる6コア/12スレッドで、持続可能なパフォーマンスの引き上げに加え、最大パフォーマンスを発揮する時間を、より長くします。また、省電力液晶を搭載し、VAIO SX14 FHDモデルではバッテリー駆動時間が最大約20.5時間となっています。ストレージには約2TBの第三世代ハイスピードSSD(PCIe)も追加され、大容量のコンテンツを扱っても空き容量に悩みません。

 

Type-Cのアクセサリーも新たに発売されます。一本で映像出力、USB機器、充電、有線LANが拡張可能な「Type-C ドッキングステーション」、薄型軽量でも同梱アダプタと同等の45W出力の「Type-C 薄型ACアダプター」の2種類です。

↑Type-C ドッキングステーション

 

↑Type-C 薄型ACアダプター

 

カラーバリエーションは、SX12が4色、SX14が3色ですが、両モデルとも、隠し刻印キートップが選べる限定仕様の「ALL BLACK EDITION」「RED EDITION」も用意されています。

↑左からシルバー、ピンク、ブラウン、ブラック

 

↑左からブラウン、ブラック、シルバー

 

↑VAIO SX12 ALL BLACK EDITION(市場想定価格:税抜20万9800円~)

 

↑VAIO SX14 RED EDITION(市場想定価格:税抜21万9800円~)

 

VAIO SX12 SPEC●OS:Windows 10 Pro 64ビット ●カラー:ブラウン/シルバー/ピンク/ブラック ●プロセッサー:Ci7-10710U(VTP) ●メモリ:16GB(16GBオンボード) ●ストレージ:第三世代ハイスピードSSD(PCIe)約2TB

 

VAIO SX14 SPEC●OS:Windows 10 Pro 64ビット ●カラー:ブラウン/シルバー/ブラック ●プロセッサー:Ci7-10710U(VTP) ●メモリ:16GB(16GBオンボード) ●ストレージ:第三世代ハイスピードSSD(PCIe)約2TB ●ディスプレイ:UHD(4K)

TAG
SHARE ON