デジタル
デジタル周辺機器
2021/8/26 10:00

合計12ポートもある万能なドッキングステーション「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」がアンカーから発売

アンカージャパンは8月26日、多機能ドッキングステーション「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」と「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock」を発売しました。Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockの価格は3万4980円(税込)で、Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dockの価格は2万4980円(税込)です。

 

両モデルともに、最新のデータ転送規格であるThunderbolt 4対応のUSB Type-Cポートを搭載。Thunderbolt 4は最大40Gbpsでの高速なデータ転送が可能なほか、DisplayPortなどとの互換性があるため、ノートPCと周辺機器の接続において幅広く活用できます。

 

Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockは、合計12ポートと充実のインターフェイスを備えた、フラッグシップに位置付けられるモデル。Thunderbolt 4対応USB Type-C×2、USB PD対応USB Type-C、4K対応HDMI×2、USB 3.1×2、USB 2.0×2、有線LAN、SDメモリーカードスロット、3.5mmのオーディオジャックをそろえています。

 

 

Thunderbolt 4は最大90W出力、USB PDは最大20W出力が可能なため、ノートPCやiPhoneなどのスマホを急速充電できます。また、Thunderbolt 4は最大8K(30Hz)、HDMIポートは4K(60Hz)の映像出力が行なえるので、最大3台の外部ディスプレイと接続することもできます。

 

 

 

本体サイズは約18.6×7.3×3.3cmで、重さは約467gです。

 

一方のAnker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dockは、動画編集などでデータ転送用途がメインという人に最適とうたうモデル。最大85W出力が可能なThunderbolt 4対応のUSB Type-C(アップストリーム)、最大15W出力が可能なThunderbolt 4対応のUSB Type-C×3(ダウンストリーム)、USB 3.1と5基のポートをそろえています。

 

 

4基のThunderbolt 4対応USB Type-Cは出力こそ違いますが、それぞれ最大40Gbpsのデータ転送に対応しているため、動画ファイルなどを即座に同期可能。また、同時に2台の外部ディスプレイに4K(60Hz)で出力できるので、高画質なコンテンツを楽しめるほか、作業効率の向上も実現します。

 

 

 

本体サイズは約12.4×7.2×2.4cmで、重さは約250gです。

 

どちらも豊富なポートが魅力。特にAnker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dockは、ひとつ持っておけば安心できる万能ドッキングステーションと言えるでしょう。高価格ではありますが、ノートPCの拡張性に不満を持っているなら購入したい製品です。

TAG
SHARE ON