デジタル
2021/10/25 18:45

識者陣がヒットの背景を解説! 爆売れ中の「デジタル・家電」【その1】

“いま”爆売れ中のモノを「デジタル・家電」からセレクト。識者陣がヒットの背景を解説する。消費者ニーズに“ビッタビタ”な“ゴン攻め”商品の数々、知らないとマジでヤバいです!!

 

※こちらは「GetNavi」2021年10月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

 

【その1】 1インチセンサーの画質は繊細です

スマホ最大級のセンサーとOLEDディスプレイを搭載

シャープ
AQUOS R6

実売価格 13万3920円(ソフトバンク)

 

ライカとのコラボの一眼が見たままの世界を捉える

5G対応スマホ。カメラは老舗メーカーのライカと協業して開発された。従来モデルと比較して約5倍の面積を持つ1インチセンサーと、歪みを1/10に抑えたレンズで、高精細な撮影が可能。残像を抑えて滑らかに表示する有機ELディスプレイだ。

 

【トレンドのツボ】 「メインのカメラ」がスマホになった時代に対応

スマホのカメラは、「とりあえず撮る」から「メインのカメラとして使う」時代に。カメラの性能を前面に押し出したスマホが軒並み売れており、AQUOS R6もその波に乗ってきている。

 

コレも注目!

ソフトバンク

Leitz Phone 1

実売価格 18万7920円

撮影した映像を美しく表示できる6.6型OLEDと、1インチカメラセンサーを採用した、同社初のスマートフォン。高度なモノクロ撮影モードも装備。高級感を醸す外装も魅力だ。

 

【その2】フィルムカメラ然としたボディに一眼惚れ

銘機を彷彿させる意匠はカメラファンを魅了する

ニコン
Z fc 16-50 VR SLレンズキット

実売価格14万9600円

 

マニア垂涎のレトロなデザインが秀逸

銘機「ニコン FM2」にインスパイアされたデザインが特徴。常用ISO51200の高感度と、上位機種にも採用の画像処理エンジンで、ノイズを抑え細部と質感を鮮明に描写。目的の設定を素早く変更できる「iボタン」で意図通りの撮影を楽しめる。

 

↑軍艦部。メカニカルな設定ダイヤルは、デザイン性だけでなく確実な操作性と心地良い感触をもたらしている。マニュアル操作が存分に楽しめる

 

【トレンドのツボ】 あの「ニコンD850」に迫るメーカーも想定以上の受注数

大手ECサイトの売れ筋ランキングで、レンズキットがミラーレス一眼部門の1位を獲得。予約時点で想定以上の受注があり、ベストセラーの「D850」に迫る予約状況となった。

 

【その3】ビデオ会議チューもサクサク操作できマウス

マウス操作のみでTeamsの起動・受話・終話ができる

レノボ
Lenovo Go USB Type-Cワイヤレス マルチデバイスマウス

実売価格7700円

 

マウスモードとコールモードをカンタン切り替え

Bluetoothで2台、USB Type-Cのドングルで1台、計3台のデバイスと接続可能な5ボタンマウス。トップボタンのクリックでデバイスを切り替えられる。コールモードでは、Teamsなどのオンライン会議ソフトでマウスから様々な操作が可能。

 

↑充電は同梱のUSB Type-Cケーブルで行う。約15分充電で約1週間、約2時間の充電なら約2~3か月使用できる。Qiにも対応しワイヤレス充電も可能

 

【トレンドのツボ】 ひとり1台の時代に備えて新ブランドを展開

ひとつのデバイスに複数の機能を持たせたアクセサリーを販売するのが、新展開のブランド「Lenovo Go」。リモート需要による「ひとり1台」の時代に急成長が予想される。

 

構成/ブルーラグーン 文/井上 晃、海野大介、きだてたく、中山秀明、ブルーラグーン、湯浅顕人 撮影/高原マサキ(TK.c) イラスト/勝間田しげる

TAG
SHARE ON