デジタル
デジタル周辺機器
2021/11/1 10:30

最大2年分のインクを搭載! 大容量インクタンク搭載プリンター「HP Smart Tank」

日本HPは、大容量インクタンクを搭載したインクジェット複合機「HP Smart Tank(エイチピースマートタンク)」シリーズを、11月中旬に発売予定。A4複合機(プリント・コピー・スキャン)の6機種で、無線LANと自動両面印刷に対応しています。

 

同シリーズは、プリンターに最大2年分のインクを搭載。黒インクボトル1本でA4用紙約6000枚、カラーで約8000枚の大量印刷が可能です。インクコストはA4モノクロ文書1ページ当たり約0.3円、A4カラー文書1ページ当たり約0.9円と、低ランニングコストを実現。黒はにじみにくい顔料インク、カラーは鮮やかに発色する染料インクを採用しています。

 

直感的な操作ができる液晶画面と、光るスマートガイドボタンを採用。自動修復機能デュアルバンドWi-Fi対応で、プリンターが自動的に2.4GHz帯と5.0GHz帯を切り替え、安定した接続環境を提供します。接続不具合を検出し修復する機能も装備し、接続の中断を最小限に抑えられます。スイッチの切り替えで印刷時に発生する音を軽減できる「静かモード」や、プリンター本体に強固なセキュリティ「HP Wolf Essential Security」を搭載しています。

 

自動両面印刷対応で用紙と手間を節約可能。背面にスペースを必要としない前面給紙採用で置き場所を選ばず、給紙トレイに用紙を収納できるので、印刷のたびに用紙をセットする必要はありません。

 

「HP Smartアプリ」を使うと、スマホから簡単セットアップ・設定が可能。アプリからは、Googleドキュメント、DropboxやBOXなどクラウドストレージに保存したファイルを開き、印刷する事ができます。アプリのショートカット機能を使うと、文書のPDF化、電子メール送信、クラウドストレージへの保存という一連の作業をテンプレート化し、ワンタッチで実行することができ、繰り返し作業の手間を削減できます。

 

実売価格(税込)は、HP Smart Tank 6005とHP Smart Tank 6006が2万9800円、HP Smart Tank 7005とHP Smart Tank 7006が3万2800円、HP Smart Tank 7305とHP Smart Tank 7306が3万7800円。製品の画像は、以下のギャラリーをご覧ください。

TAG
SHARE ON