デジタル
スマートフォン
2022/4/13 11:15

Vivoから「7インチ大画面スマホ」や初のタブレットが登場

中国のVivoは、7インチの大画面スマートフォン「Vivo X Note」や、ブランド初となるタブレット「Vivo Pad」を海外向けに発表しました。

↑Vivo X Note(画像提供/Vivo)

 

Vivo X Noteの最大の特徴は、側面がカーブした7インチの有機ELディスプレイ。QHD+解像度や120Hzでの高速駆動、1500ニトのピーク輝度と高いスペックを実現しています。また、画面には指紋認証センサーも搭載。

 

プロセッサは最新の「Snapdragon 8 Gen 1」と若干古めで、8GB/12GB RAMと256GB/512GBの内蔵ストレージを搭載。背面には5000万画素/1インチセンサーメイン+4800万画素超広角+1200万画素ポートレート+800万画素5倍ズームのクアッドカメラを、前面には800万画素のセルフィーカメラを採用。バッテリー容量は5000mAhと大容量で、80Wの有線急速充電/50Wの無線充電にも対応しています。

 

Vivo X Noteの本体カラーはブルー、ブラック、グレーの3色で、価格は5499元(約10万9000円※)から。中国国外での販売予定については現時点で明らかにされていません。

※1元=約19.7円で換算(2022年4月13日現在。以下同様)

 

↑Vivo Pad(画像提供/Vivo)

 

一方、Vivo Padはブランド初となるタブレットで、11インチ/2.5K解像度/120Hz駆動の有機ELディスプレイを搭載。この画面はスタイラス「Vivo Pen」による書き込みにも対応しています。

 

こちらもプロセッサは「Snapdragon 870」と若干古めで、8GB RAMと128GB/256GBの内蔵ストレージを搭載。背面には1300万画素メイン+800万画素超広角カメラを、前面には800万画素のセルフィーカメラを搭載。バッテリー容量は8040mAhで、44Wでの高速有線充電に対応しています。

 

Vivo Padの本体カラーはブルー/ブラック/ホワイトの3色で、価格は2499元(約4万9300円)から。こちらも当初は、中国国内のみの販売を予定しています。

 

先日にはブランド初の折りたたみスマートフォン「Vivo X Fold」を発表するなど、新製品をまとめて投球してきたVivo。7インチ画面を搭載したVivo X Noteは、いまでは少なくなった超大画面スマートフォンとして人気を集めそうです。

 

【関連記事】

中国Vivo初の折りたたみスマホ「Vivo X Fold」登場。画面しわを防ぐ工夫も採用

 

 

Source: GizmoChina 1, 2

TAG
SHARE ON