デジタル
Apple
2022/6/23 19:30

Apple WatchだけでYouTubeが見れる、待望のアプリ「WatchTube」が登場!

Apple Watchでは、近くにiPhoneがなくても、曲を聴いたりメッセージを読んだり電話に出たり、さまざまなことができます。が、意外とできなかったのが「YouTubeを見ること」で、登録したYouTubeチャンネルの新着通知は送られてくるものの、実際に見るためにはiPhoneが必要でした。

↑こんなアプリを待っていました!

 

しかし、そんなApple Watchユーザーが本当にやりたいことを叶える無料アプリ「Watch Tube」がApp Storeで配信中です。

 

WatchTubeはその名の通り、あらゆるYouTubeの動画をApple Watchで見ることができるアプリ。複雑な設定もiPhone上でのセットアップも必要なく、watchOS用のApp Storeからダウンロードしてすぐに使うことができます(iPhone側のApp Storeからインストールも可能)。アプリをインストールしたら、あとは開くだけ。

 

このアプリには「ホーム」「検索」「ライブラリ」「設定」の4セクションあり、左右にフリックして切り替えることができます。ホーム画面にはYouTubeで話題になっている動画が表示されるほか、ホームに表示する動画のカテゴリーも選ぶことが可能。

 

また、検索画面では音声での入力や、走り書き(スクリブル)で検索もできます。本物のYouTubeのようにビデオの上位結果やチャンネルが表示され、面白そうな動画を探すことも難しくありません。ただし日本語には対応していない(入力はできるが検索結果がおかしい)ようで、英語を使ったほうがよさそうです。

 

ほかにもチャンネル登録したり、動画を「ライブラリ」に保存して後から見ることも可能。しかし、残念ながら完全に独立したローカルであり、YouTubeアカウントへの紐付けはサポートされていません。動画はApple Watchに素早く読み込まれ、AirPodsなどBluetoothヘッドホンがない場合は、Apple Watchの内蔵スピーカーから音声が再生されます。

 

さらに開発者によると、今後のアップデートで音声のみのモードが追加され、Apple Watchの画面はそのままにYouTubeで曲を聴けるようになるとのこと。

 

このアプリを使うには、watchOS 6以降を搭載したApple Watchが必要です。つまりApple Watch Series 1やSeries 2にも対応しており、ほぼ全てのモデルで使えそうなのもありがたいところです。

 

Source:App Store

via:9to5Mac

TAG
SHARE ON