デジタル
スマートフォン
2022/7/11 20:00

クアルコムに太刀打ちできず、Galaxy S23は独自SoC非搭載との噂

韓国サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S23(仮称)」シリーズにて、同社の独自プロセッサー「Exynos」が採用されないとの情報を、著名アナリストのミンチー・クオ氏が伝えています。

↑画像はGalaxy S22

 

サムスンはこれまで、フラッグシップスマートフォン「Galaxy S」シリーズにて、Exynosと米クアルコムの「Snapdragon」プロセッサーを、市場にあわせて採用してきました。現行モデルの「Galaxy S22」シリーズでも、市場ごとに「Exynos 2200」か「Snapdragon 8 Gen 1」が採用されています。

 

今回クオ氏の報告によれば、Galaxy S23シリーズではすべての市場において、Snapdragonのプロセッサーが採用されるとしています。この理由について、サムスンの「Exynos 2300」はクアルコムの次期プロセッサー「Snapdragon 8 Gen 2(仮称)」に太刀打ちできないため、とのこと。

 

サムスンのExynosプロセッサーでは、顧客に説明しないままにパフォーマンスを勝手に落としたことで、以前に大きな問題となりました。その後にリリースされたExynos 2200でも、ゲームやアプリの動作で問題が指摘されていました。

 

一方でサムスンは今年4月、Galaxyスマートフォン向けに専用のプロセッサーを開発していると表明しています。Exynosにかわる新たなハイエンドプロセッサーが登場するのかどうか、今後の動向が注目されそうです。

 

Source: 9to5Google

TAG
SHARE ON