デジタル
デジタル周辺機器
2022/7/13 18:15

未来のARヘッドセット「Magic Leap 2」、価格と発売時期が発表される

AR(拡張現実)やMR(複合現実)を活用したヘッドセットを開発するMagic Leapは、次世代製品となる「Magic Leap 2」を9月30日に発売すると発表しました。海外価格は3299ドル(約45万円)となっています。

↑Magic Leapより

 

初代モデルとなる「Magic Leap 1(以前の名称はMagic Leap One)」は、2018年に2295ドル(約31万円)で発売されました。本体はゴツゴツしたゴーグルのような形状で、周囲の現実世界をスキャンし、そこに透過型ディスプレイの表示を組み合わせることが可能です。

 

Magic Leap 2はMagic Leap 1と比較して本体が小型軽量化(316グラムから260グラム)され、さらに視野角が拡大(70度)されています。3299ドルのパッケージには、ヘッドセットとコンピューターパック、コントローラーが同梱。さらに開発ソフトウェアツールと初期ソフトウェアリリースへのアクセスが提供される「Developer Pro」や、四半期ごとのソフトウェアアップデートと組織のヘッドセットを管理するためのツールが含まれる「Enterprise」などの、パッケージも存在します。

 

Magic Leap 2はすでにパートナー企業への提供が開始されており、米国やカナダ、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、サウジアラビアでは9月30日から、日本とシンガポールでは2022年末の販売を予定しています。Magic Leap 1と比較して1000ドルの値上げをどう考えるかですが、製品がコンシューマー向けではなく業務向けのものであることを考えれば、それほど大きな問題ではないのかもしれません。

 

Source: Magic Leap via The Verge

TAG
SHARE ON