デジタル
スマートフォン
2022/7/14 19:30

喜びもつかの間、文鎮に…。発売前の「Pixel 7 Pro」がまたもや流出

米Googleは5月の「Google I/O」イベントで、次期フラッグシップ機「Pixel 7」シリーズをチラ見せしました。その後に公式の情報発信は途絶えていますが、なぜか標準モデル「Pixel 7」がeBayで出品されていたり 、高級モデル「Pixel 7 Pro」を購入した人が知らずに3週間も使っていたと報告されていました

↑「Pixel 6 Pro」の中古品を買ったはずが……

 

そんな不思議な出来事が新たに発生し、メディアを賑わせています。7月12日、あるTwitterユーザーは、友人がなぜかPixel 7 Proを手に入れられたとツイート。悲しい顛末を含めて報告しています。

 

About40 Clan氏がツイートした話によると、2か月前に彼の友人がFacebookマーケットプレイス(2022年7月現在、日本では未提供)で中古のPixel 6 Proを購入したそう。実際に商品が送られてきたのは6月のことでしたが、驚くべきはPixel 6 Proの代わりに未発売のPixel 7 Proを送りつけてこられたことです。

最初は見かけがPixel 6 Proと違っていたため奇妙に思われたそうですが、端末情報を調べてみると、確かにAndroid 13を搭載したPixel 7 Pro(デバイス名の「cheetah」はPixel 7シリーズの開発コード名)だと確認できます。また外観も、1か月ほど前に流出したデバイス と一致しているようです。

 

それに気づいたAbout40 Clan氏と友人は喜んで使っていたものの、やはりGoogleが遠隔操作によってデータを消してしまい、現在は起動さえできなくなったそう。彼らは開発者コミュニティXDAに助けを求める投稿までしていますが、このPixel 7 Proは現在のところ文鎮の他に使い道がなく、購入した友人が販売主から返金を受けられるかどうかも分かりません。

 

前回に続いて今回もGoogleがリモートでデータ消去したと主張されている(真偽は不明です)のは気になるところですが、それ以上に次期フラッグシップ機が何度も流出しているのは、にわかには信じがたいことです。もしかして、話題作りのため……ではないと思いたいところです。

 

Source:About40 Clan(Twitter)
via:Wccftech

TAG
SHARE ON