デジタル
2016/10/14 18:00

ドラえもんが簡単・安全をアピール! 「ノートン セキュリティ」の最新版は“ゼロデイ攻撃”もガード

セキュリティソフト大手のシマンテックは、同社の主力製品である「ノートン セキュリティ」の最新版を発売。新しいブランドキャラクターとして「ドラえもん」を起用することも発表されました。

↑新ブランドキャラクターに起用されたドラえもん
↑新ブランドキャラクターに起用されたドラえもん

 

発表会には、来日したシマンテックコーポレーションのエグゼクティブバイスプレジデントであるフラン・ロシュ氏が登壇し、セキュリティソフトの重要さを説明しました。同社のセキュリティソフトは、昨今増加しつつあるサイバー攻撃に対する防御力を強化し、昨年は30億件に上る攻撃をブロックしてきたと発表。最新版のノートン セキュリティでは、防御力の強化、動作パフォーマンスの向上などが盛り込まれています。

↑フラン・ロシュ氏
↑フラン・ロシュ氏

 

今回搭載されたPEP(Proactive Exploit Protection)と呼ばれる新機能は、「ゼロデイ攻撃」を未然に防ぐもので、マルウエアに対する防御力を強化しています。ゼロデイ攻撃とは、セキュリティソフト会社がマルウェアを検知するためのパターンファイルが配布される前に、感染拡大する「未知の脆弱性」を攻撃する脅威のこと。PEPは、それらの攻撃に対して、攻撃パターンを先読みしパターンファイルを配布する前に検知するという機能を有しています。また、ネットワークを介したサイバー攻撃やマルウエアに対して、PEPを含む6つの保護層によって脅威からデバイスを防御することが最新版の特徴です。

↑世界中に張り巡らされた感知センサーや、セキュリティーデータなどを駆使しして、攻撃パターンを先読みするPEP
↑世界中に張り巡らされた感知センサーや、セキュリティーデータなどを駆使しして、攻撃パターンを先読みするPEP

 

↑PEPを含む6層からなる防御層で脅威からデバイスを保護
↑PEPを含む6層からなる防御層で脅威からデバイスを保護

 

また、新ブランドキャラクターに就任した「ドラえもん」も登場。起用理由については、セキュリティソフトは敷居の高さを感じさせてしまうことから、国民的キャラクターを起用することで、幅広い層に訴求し、製品を身近に感じて欲しいと、説明されました。

 

↑セキュリティソフトは難しくない、とユーザーフレンドリーさを強調する
↑セキュリティソフトは難しくない、とアピール

 

↑新ブランドキャラクターのドラえもんが登場するプロモーションビデオを公開
↑ドラえもんが登場するプロモーションビデオも公開されました

 

↑製品パッケージにもドラえもんがプリントされています
↑製品パッケージにもドラえもんがプリントされています

 

ノートンセキュリティ最新版のパッケージ版は、これまでのデバイス5台にインストールできる「5台版」を廃止し、3台にインストール可能な「3台版」のみで、有効期限1年と3年の2種類が販売されます。パッケージ版の価格は3台版1年が6480円、3年が1万3280円(いずれも税抜)。なお、ダウンロード版では、これまでと同様に1台、3台、5台にインストール可能な1年、2年、3年版が購入可能です。

 

 

TAG
SHARE ON