デジタル
Apple
2022/10/27 20:00

目玉はUSB-Cだけじゃない!? 次期「iPhone 15 Pro」はカメラやRAMが大幅にアップデートか

米Appleが2023年に投入することが期待される「iPhone 15 Pro」に、USB-C端子や高倍率ズームカメラ、8GB RAMが搭載されるだろう、と台湾調査会社のTrendForceが報じています。

↑iPhone 15 Proのアップデートは際立ちそう

 

iPhone 15 ProでのUSB-C端子の搭載は、以前にもリーク情報などで報告されていました。また、最上位モデルが「Ultra」になることや、Ultraのでのチタンフレームの採用なども予測されています。

 

TrendForceによれば、iPhone 15は「iPhone 14」と同じく、「Pro」と「非Pro」に分けながら、4モデルをラインナップしているとのこと。このうち最新の「A17」プロセッサが搭載されるのはProモデルだけで、iPhone 15の標準モデルでは「iPhone 14 Pro」と同じく「A16」プロセッサが搭載されるとしています。

 

さらに、iPhone 15 ProではA17の搭載に合わせて、RAM容量が6GBから8GBに増量されるのに対し、iPhone 15の標準モデルには引き続き6GB RAMが搭載されるそう。

 

また、「iPhone 15 Pro Max」ではペリスコープレンズを採用することで、光学ズーム倍率が10倍以上になり、Proモデルのメインカメラではレンズを1枚追加した「8P」設計にアップグレードされるとのこと。また、5G対応モデムは引き続きクアルコムが提供するようです。

 

このように、大幅なアップグレードが予測されているiPhone 15 Pro(そしてPro Max)。iPhone 14 Proのように人気を呼ぶかもしれませんが、iPhone 15でも標準モデルの存在感は薄いままかもしれません。

 

Source: TrendForce via MacRumors

TAG
SHARE ON