デジタル
2016/11/29 6:00

「画面」から「空間」へ――パナソニックの総合力を生かしたデジタルサイネージ新ブランド「AcroSign」始動!

近年では、屋外や交通機関、店頭などでディスプレイを使って情報を配信するシステム「デジタルサイネージ」の需要が高まっています。今後2020年に向けて、インバウンド増に伴い需要が拡大し、ハードからコンテンツソリューション志向が高まっていくことでしょう。そんななか、パナソニック システムネットワークスが、デジタルサイネージソリューションと商品ラインアップをさらに強化した統合ブランド「AcroSign(アクロサイン)」を発表しました。

20161128_y-koba_RR1 (3)

AcroSign(アクロサイン)では、4K対応の配信はもちろんのこと、インバウンド向けの観光情報やLアラート(公共情報コモンズ)の災害情報といった業界ごとの基幹システムと連携した多種多様なコンテンツを提案。最適なシステムで豊富なデバイスへ配信するなど、運用スタイルに合わせたサービスを展開するとしています。

20161128_y-koba_RR1 (1)
↑デジタルサイネージソリューション

 

さらに、光ID「LinkRay」対応ディスプレイやAndroid搭載型ディスプレイなど豊富な表示系デバイスとの連携でさまざまな用途の情報発信が可能。また、LED照明やSpace Player(スポットライト型プロジェクター)との連動することでサイネージの表現領域を画面から空間へと拡張させることもできます。

20161128_y-koba_RR1 (2)
↑デジタルサイネージ(システム&デバイスについて)

 

ネットワークが不要なスタンドアローン型、オンプレミス型、さらに機能強化を図ったクラウド型、クラウド・オンプレミス混在型など、用途やビジネスモデルに合わせて最適なソリューションを提案してくれるという本事業。大型商業施設や自治体・官公庁、病院・ホテル、イベント会場など、その活躍の場はいろいろと考えられます。新たなデジタルサイネージソリューション事業「AcroSign」の今後に注目です。

TAG
SHARE ON