ファッション
2015/12/21 16:30

相棒として長く愛せる定番ブランドの良コスパ腕時計【クオーツ編】

腕時計の種類は大きく2つ。電池を使うクオーツと、ゼンマイで動く機械式時計です。それぞれ星の数ほど製品がありますが、まず手に入れるなら伝統デザインの定番を選んで間違いはありません。

 

クオーツと機械式の二編に分けて、厳選された優秀な時計を紹介したいと思います! 本記事は、世界で生産される約4分の3の時計で採用されているクオーツの時計から。

 

クオーツ

1969年に誕生したクオーツ腕時計は、正確さが魅力。デザインや機能の自由度も高く、低価格帯においても選択肢が広くなっています。

 

1512038_01

 

スリムな北欧時計にニューカラーが登場

スカーゲン
SKW6082(画像右)
2万520円

 

厚さ7.9mmというスリムケースに、時分秒針と日付表示を備えた定番モデル。直径40mmのケースにはラグと一体型のブラウンレザーストラップをセット。ミニマルなデザインの中で、ブルーの秒針と日付の丸窓が、さりげなく存在感を主張します。重さは39gと極めて軽量。

 

 

最高峰タフ時計がスマホ連携に対応!

カシオ
G-SHOCK GB-6900B-1JF(画像中央)
1万9440円

 

耐衝撃構造と20気圧防水というG-SHOCKの基本スペックに加え、Bluetooth SMARTにも対応。iOSやAndroidのスマホと連携し、時計設定やメール通知、ミュージックコントロールなどの相互通信がおこなえます。なお、電池寿命は約2年あります。

 

 

軍用時計の系譜を受け継ぐ新型クロノグラフ

タイメックス
ウィークエンダー クロノ(画像左)
1万6200円

 

アイコンデザインの24時間表記に、文字盤全面発光の「インディグロ・ナイトライト」を搭載した人気作のクロノグラフ仕様。レザーストラップは引き通し式で、簡単に付け替えが楽します。直径40mmのケースで、3気圧防水。

 

 

フィットネス時計のエントリーモデル

1512038_02

スント
スント M2 ブラック
1万6200円

 

フィールドウオッチの定番ブランド・スントが出したフィットネスウオッチの入門機。心拍計測ベルト付きで、心拍数および消費カロリーのリアルタイムモニタリングを簡単に実行できます。サイズは直径43.6mm、厚さ13mm。

 

 

プロダクトデザインの巨匠の哲学を継承

1512038_03

ブラウン
BN0021 BKBKG
1万9440円

 

ドイツデザイン界の巨匠ディーター・ラムスの哲学を色濃く反映したプロダクトを手がけるブラウンの代表ウオッチ。1987年発表のアラームクロックから続く時計デザインを、直径38mmの小ぶりケースで忠実に再現しました。

 

 

バウハウス創立者の名を掲げた王道三針

1512038_04

ドゥッファ
ヴァルター・グロピウス
3万4560円

 

世界的に著名な教育機関「バウハウス」の初代校長を務めた建築家の名をモデル名に採用した、日本初上陸ブランドの旗艦モデル。ドイツプロダクトらしいデザインを追求した、視認性の高いシンプルな文字盤です。直径38mm。

 

 

最先端都市の感性をスイス製で具現化

1512038_05

カルバン・クライン ウォッチ
ckシティ
2万520円

 

ニューヨーク発のカルバン・クラインは、ウオッチコレクションをスイスで製造。本品はシャープなインデックスと針の形状、文字盤の放射仕上げの組み合わせが特徴だ。シンプルながら世界観を巧みに表現しました。直径43mm。

 

 

クオーツ腕時計はリリースされている数も膨大なため、見た目だけで選んでしまうと失敗する可能性も大。そこで目を向けたいのが、時計の歴史やコンセプトです。

 

傑出した個性があるブランドの製品であれば、価値も明確なためあとで後悔することはまずないでしょう。3万円もあれば、どこに出しても恥ずかしくない一本に出会えます!

 

 

■この記事の画像一覧

※クリックすると大きなサイズで開きます

 

TAG
    SHARE ON