ファッション
2015/6/15 8:00

猛暑に履きたい! 快適&オシャレなキャンバスシューズ

南井正弘のスニーカーコラム「Kicks in the lifestyle」

第4回

 

関東も入梅しましたが、相変わらず暑いですね。汗をかく季節は、爽やかなキャンバスシューズを履きたくなる季節でもあります。今シーズンも各ブランドが魅力的なキャンバスモデルを続々リリース! 今回は、ニューバランスとともに最近のスニーカーシーンをリードしてきたバンズ、キャンバススニーカーの定番として長らく君臨してきたコンバース、そしてニューカマーとして日本市場でも人気上昇中のサヌーク、スケートシューズで有名なDC SHOEから、お気に入りモデルを紹介したいと思います。

 

昨シーズンは女性サイズのレッドが爆売れ!

IMG_0145

 

1.VANS AUTHENTIC

 

バンズのオーセンティックといえば、バルモラル(内羽根)デザインを採用した同ブランドの創業モデルであり、ロングセラー。現在のラインナップにおいても最も人気のあるモデルのひとつとして知られています。同モデルは根強いファンも多いネービー、そして昨シーズン、あまりの人気に女性サイズがしばらく欠品していたレッドのイメージが強いですが、私の一番のお気に入りはグリーンカラー。

 

これは、ライフスタイルからカルチャーまで網羅することで注目を集めているニューヨークのブルックリンのサーフスタイルショップ・ピルグリムとビームスによるコラボレーションモデル。昨年リリースされたものですが、とても気に入っていて、今年もヘビーローテーション中。ちなみにこのカラーはピルグリムのオーナーであるクリス・ジェンティル氏の好きな色であり、箱にはSEA BLUEと表記があります。昨年のリリース時には短期間で完売となったため、この色のオーセンティックを履いていると、スニーカーフリークだけでなく、ファッション業界関係者に話しかけられることも多々あります。

 

80年の歴史を結集した、コアファンも満足の1足

IMG_0143

 

2.CONVERSE JACK PURCELL

 

コンバースを代表するキャンバスシューズといえばなんといってもオールスターですが、それに次ぐ人気と知名度を誇っているのがジャックパーセル。ジャックパーセルの名は、かつてのバドミントン世界チャンピオン、ジャック・パーセルがその由来です。古くからのスニーカーフリークなら、映画「卒業」でダスティン・ホフマンが履いていたことや、ニルヴァーナのカート・コバーンが履いていたことを思い出す、歴史あるモデルです。そのジャックパーセルは、今年誕生から80周年を迎えました。

 

現在のジャックパーセルは、スマイルと呼ばれる愛嬌のあるつま先部分やヒゲと呼ばれるヒールパッチのデザインなど、このシューズを象徴するディテールを結集したものです。シンプルながらも存在感抜群の1足に仕上がっています。ちなみに写真の1足は、昨年スタートした限定ラインのTimelineからリリースされたモデルで、1980年代のジャックパーセルをラスト(木型)から細部のディテールまで完全に再現したもの。コアなファンも納得の出来栄えとなっています。

 

耐水性が高いから、素足で履いても快適!

 

IMG_0099

 

3.SANUK COMMODORE STRETCH

 

サヌークは、ヨガマットと同じ柔軟な素材を使用したサンダルとして有名になりました。その快適な履き心地は他の追随を許しません。そんなサヌークからサンダルつくりで培った快適性をキャンバスシューズに落とし込んだモデルが登場しました。それが今回紹介するコモドア ストレッチです。

 

耐水性を強化したInstaplayというフットベッド(インソール)を使用していて、裸足で履いても快適。プールサイドやビーチで濡れたまま履いてもまったく問題ありません。コモドア ストレッチは、サヌークのサンダルと同様リラックスした履き心地で窮屈な感覚は全くなし。どちらかいうと、長時間歩きまわるときではなく、リゾートシーンでまったりするようなときにハマる1足だと思います。

 

見た目とは裏腹の快適な履き心地&手頃価格が魅力!

IMG_0125

 

4.DC SHOES HAMPTON TX SE

 

DC SHOESといえばスケートボードシューズのトップブランドですが、最近ではオフシーンに最適なタイプも数多くラインアップしています。このハンプトン TX SEというモデルもそのひとつ。パッと見は昔ながらのヴァルカナイズド製法のキャンバスシューズにも見えますが、ユニライトという超軽量でクッション性の高いソール構造を採用していて、履き心地は快適。実際に履いて長時間歩いてみましたが、見た目からは想像できないコンフォートな履き心地が継続しました。

 

そして、もうひとつハンプトン TX SEに注目すべき点がその価格。税込みで5292円という、その機能性と比較すると破格の価格設定となっています。防臭、防汚加工もされているので、長く履くことのできる1足となるでしょう。

 

みなさんも猛暑到来の前に、夏のパートナーになる1足をみつけてはいかがですか?

 

【バックナンバー】

第1回「履いているだけで「いいなぁ!」と言われたスニーカーベスト3」

第2回「知る人ぞ知る! マニアック&魅力的なテニスシューズ3選」

第3回「近年人気No.1! 「ニューバランス」のベストスニーカー3足」

TAG
SHARE ON