ファッション
スニーカー
2019/12/31 16:00

いま買うべきアディダスの定番スニーカー! 選び方と着こなしのコツをプロが提言

スポーツの枠を飛び越え、ストリートでも圧倒的な支持を集めているアディダス。同社は1948年の創設以来、スポーツアパレル、ギアの分野で多くのヒット商品を発売していますが、定番アイテムと言えばやはりスニーカーでしょう。そこで本記事では、「今、買うべき」スニーカーの特徴はもちろん、その選び方や着こなしのポイントを詳しく解説していきます。ナビゲートしてくれるのは、ファッションエディターとして活躍されている栁澤 哲さんです。

 

【教えてくれるのはこの方!】

ファッションエディター

栁澤 哲さん

ハースト婦人画報社「MEN’S CLUB」のエディターを経て、2018年にフリーランスのエディター、ライターとして独立。雑誌やWeb、カタログなど幅広いメディアや媒体で、メンズファッションを中心にライフスタイル全般の編集、執筆活動をおこなっている。

 

 

・アディダスのスニーカーをオススメしたい最大の理由

選手にあった靴を作り、選手と競技を発展させる――。創業者のアドルフ・ダスラーの理念は受け継がれ、あくなきこだわりは数々のヒット商品を生み出し続けました。アディダスは今日、名実ともにスポーツ界のトップブランドとして君臨しています。その実力はストリートでもいかんなく発揮され、かのミュージシャンやファッションアイコンに愛されたスニーカーたちは、不滅の定番アイテムとして私たちの足元を飾ってきました。ブランドを象徴する意匠であるスリーストライプス(三本線)は、半世紀以上の時を経てなお、その輝きを増し続けているのです。

 

  • 栁澤さんのアドバイス

「数あるスポーツブランドの中でも、アディダスはファッション的な感覚で使えるアイテムが多いですね。その理由は、デザインがシンプルでミニマムだから。特にスニーカーの場合、他のスポーツブランドはギアっぽさがどうしても残ってしまっている。その点、アディダスはデザインやフォルムの面でヨーロッパ発ブランドならではの洗練がありますね。トラディショナルな部分を大事にしながらも進化し続けるのがファッションです。アディダスはそれが出来ている点で、一流のファッションブランドでもあると言えます。

 

例えばスタンスミスがいい例です。このテニスシューズは元々、本気のスポーツシューズだったのですが、それが何十年経っても変わらず、ほぼそのまま現代に残って支持されている。こうしたアイテムはそうはなく、まさにアディダスの魅力が詰まっていると思います」

 

・いま、買うなら“真っ白”“80年代”がキーワード

「アディダスには大人がすんなり手に取って履ける、安心感と知的さがあります。最近はダッドスニーカーが流行ですが、私は少し食傷気味です。そんなご時世だからこそアディダス。“買い”のキーワードを挙げるとすれば、“真っ白”そして“80年代”です。

 

ダッドスニーカーのようなボリューミーかつカラフルなシューズを大人が履くとなると、合わせるパンツも難しく、コーディネートが限定されがちです。また、若者からすれば、あのオッサン若作りしてんなぁ、などと思うでしょう(笑)。諸刃の剣的な部分がダッドスニーカーにはあります。

 

そこで“真っ白”そして“80年代”モデルの出番です。いずれもダッドスニーカー同様の個性を持ち合わせていますし、ストリートで確実に主張してくれます。しかしそれでいて子供っぽくならない。大人のファッションならではの“わかってる感”があるんです。

 

このほどプラダから発売され話題になった『Prada for adidas Limited Edition』も“真っ白”なスーパースターでした。こうしたビッグメゾンとのコラボが実現している事実からも、いかにアディダスがスタイルある大人に相応しいブランドであるか? おわかりになるでしょう」

 

  • 栁澤さんの「着こなし」アドバイス

「最近はIT系企業を中心にスニーカー通勤も増えてきたようです。また、休日にちょっとしたお出かけをする際など、“真っ白”なレザースニーカーを1足持っておくと便利です。上品でリラックスしたコーディネートが作れますよ。

 

“真っ白”スニーカーには、ブルージーンズを合わせるとよいでしょう。誰もが1本は持っているはずです。また、グレーのスラックスやトラウザーパンツとも相性良しです。革靴やローファーにはないクリーンな“抜け感”が演出でき、エレガントな格上げにもなってくれます。そんな懐の深さが“真っ白”スニーカーの魅力です。

 

また、“80年代”のスニーカー。こちらはスポーツ色が強いアイテムなので、ブルージーンズを合わせるのは、子どもっぽくなるので避けたいです。上品なスラックスタイプのウールパンツやトラウザーパンツでバランスを取りましょう」

真っ白”最新モデルを一挙紹介!

 

【01

大人の足元にこそふさわしい上質感

アディダス

STAN SMITH

実売価格9790

1971年に誕生したコートシューズ、スタンスミス。以来、永く競技や街履きに愛用され、「世界一売れたシューズ」としてギネス認定された名作です。 原型は1965年に発売されたハイレット。 それを当時のアメリカの伝説的テニス選手であったスタンレー・ロジャー・スミス氏が愛用したことから、彼のシグネチャーモデルとしてリネームされ、一世を風靡しました。

 

同モデルの最新機種は、風合いのあるレザーアッパーをあしらい、大人の足元にふさわしい上質感が漂います。オールホワイトでまとめたクリーンなデザインもまた印象的。さらに伝統のスリーストライプスは、さりげないパンチング加工で表現され、オーセンティックな装飾美と言えるでしょう。

 

【ここがポイント】

・往年のテニス選手のシグネチャーモデル

・フルグレインレザーのアッパー

・パンチング加工で表現されたスリーストライプス

 

【02

スニーカー史に残る名作から、“真っ白”モデル登場

アディダス

SUPERSTAR FOUNDATION

実売価格9790

1969年、バスケットボール用シューズとして登場したのがスーパースターです。当時、多くのNBA選手たちに支持され、以来、街履きとしてもその地位を不動のものにしました。80年代にヒップホップグループのRUN-DMCが紐なしで愛用したことが、ストリート人気の火付け役に。最近では、ファレル・ウィリアムス氏やNIGO氏とのコラボモデルも登場し、ブーム再燃となっている1足です。

 

そんな同機種からは、白一色でクリーンかつシンプルなデザインにますます磨きがかかったスーパースター ファウンデーションをチョイス。レザーアッパーにはクラシックなオリジナルの仕様をあしらい、薄いカップソールを合わせている点は、スニーカーフリークも大満足のディテールと言えます。

 

【ここがポイント】

・ストリートの大定番スニーカー

・白一色でさらに磨きがかかった1

・アッパーはオリジナルを忠実に再現

 

【03

人気セレクトショップとのコラボ

アディダス

GAZELLE BEAUTY & YOUTH

実売価格1万780

オールラウンド用トレーニングシューズとして1968年に登場したガゼル。アッパーには豊富なカラーリングのスエード素材を使用し、ヨーロッパを中心にフットボールファンの間で高い評価を得ました。90年代にはジャミロクワイのボーカル、JAY KAYが着用したことからストリートでも主役に。スタンスミスやスーパースターほどではありませんが、世界で最も有名なスニーカーのうちのひとつに数えられます。

 

今回おすすめしたい1足は、そのガゼルをベースにアッパーからアウトソールまでオールホワイトに仕上げたものです。セレクトショップ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)とのコラボらしいシックな佇まいと、エレガントでクラシカルな一面を併せ持ちます。adidasロゴにはゴールドをあしらい、アクセントを効かせている点もポイントでしょう。

 

【ここがポイント】

・セレクトショップとのコラボ機種

・半世紀を経て今も愛される大定番

・ゴールドのロゴがアクセント

“80年代”最新モデルを一挙紹介!

 

【04

80年代スタイルに新たなタッチをプラス

アディダス

CONTINENTAL 80

実売価格1万3200

80年代初期のインドアシューズ、コンチネンタル80に現代風の新たなタッチを加えたのが同モデルです。レトロな雰囲気を取り入れた佇まいは、昔ながらのスニーカーファンには懐かしく、また感度の高い若者たちにとってはノスタルジックな風合いに逆に新しさをおぼえる1足です。

 

80年代スタイルを彷彿とさせる、シューレースの脇のロゴウィンドウが同モデルの特徴でしょう。レトロなルックスとソフトな感触をもたらすフレンチテリー(裏毛)ライニングも秀逸です。また、斜めにあしらったバイカラーのストライプをフィーチャー。機能面においても、快適で柔軟性のある履き心地をもたらす独特のスプリットラバーカップソールを装備しています。

 

【ここがポイント】

・フルグレインレザーのアッパー

・フレンチテリー(裏毛)のライニング

・快適で柔軟なスプリットラバーカップソール

 

【05

クラシックな雰囲気をそのままに復活

アディダス

ZX 4000

実売価格4851

アディダスのZXシリーズはランニングカテゴリーに属します。1984年に日本のバイクメーカー、カワサキの疾走感からインスパイアされて開発されたと言われています。同シリーズの最初のモデルは、長距離ランナー用に開発されたZX500でした。以来、最新のテクノロジーを取り入れながら新作をリリースし続け、競技のシーンから街履きまで、幅広く愛用されています。

 

今回ご紹介するZX 4000は、80年代と90年代のクラシックなZXを踏襲し、新たな機能を加えた最新モデルです。テキスタイルアッパーに、鮮やかなネオンカラーのスリーストライプスをあしらいました。軽量なEVAミッドソールとアウトソールを組み合わせることで、快適な履き心地を追求しています。また、安定感を高めるために独自技術であるトルションシステムを採用。機能面も申し分なしの出来栄えです。

 

【ここがポイント】

・テキスタイルアッパーに鮮やかネオンカラー

・軽量EVAアウトソールを採用

・安定感を高めるTorsionシステム

 

【06

シティランナーのために生まれた1足

アディダス

NITE JOGGER

実売価格5544

夕暮れ時を駆けるシティランナーのために開発されたランニングシューズ、ナイトジョガー。発売は70年代後半ですが、80年代もランナーからの支持が高かったアディダスの名作です。同じくアディダスの定番、カントリーから派生したコンセプトを再解釈したのが現代版のナイトジョガーと言われています。「衝撃吸収性」と「反発性」を兼ね備えたBOOSTフォームをミッドソールに使用し、各部に潜むリフレクティブ(反射)素材が光を浴び、暗闇に浮かびあがるユニークな1足です。

 

メッシュとナイロンのリップストップを組み合わせたアッパーに、スエードのオーバーレイを配した同モデル。新しいBOOSTミッドソールが、反発力のあるクッショニングを発揮し、一日中快適な履き心地に貢献してくれます。蛍光色のリフレクターのヒールタブとスリーストライプスを備えた人目を引くデザインも特徴的です。

 

【ここがポイント】

・往年の名機を現代版にアップデート

・アッパーに蛍光リフレクターを採用

・高いクッション性を発揮するBOOSTフォーム

番外編: ナイトジョガーの『スターウォーズ』モデルも登場!

最新作が公開中の『スターウォーズ』。これとコラボしたナイトジョガーも発売されているので是非チェックしてみましょう。特製ボックス付きで完売必至!コレクションとしても欲しいマニア垂涎の1足です。

 

【07

シュータンにはR2-D2が!

アディダス

NITE JOGGER STAR WARS

実売価格1万7600

 

【08

ストームトルーパー版も用意

アディダス

NITE JOGGER STAR WARS

実売価格1万7600

 

 

協力:楽天市場