ファッション
2015/8/19 11:21

欲しい腕時計ブランドNo.1「ロレックス」定番2モデル&新作4モデル

 

「世界一の知名度を誇る時計ブランド」と称されるロレックスは、日本でも「欲しい腕時計」調査で不動の1位に君臨しています。高級時計の代表格でありながら、タフな実用時計でもあり、人気がズバ抜けて高いのも当然かもしれません。

150807_09038_01

世界初の完全防水ケース「オイスター」と、自動巻き機構「パーペチュアル」、夜0時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構という“ロレックス3大発明”は、現在まで続く腕時計の技術的なスタンダードです。また、ロレックスのステンレススチール(SS)は、耐腐食性に優れた高品質の904Lのみが使用されています。
今回は王道の2モデルと、リニューアルされた4モデルをご紹介!

 

機能性デザインともに究極の完成度を誇るダイバーズウオッチの世界標準

150807_09038_03

サブマリーナー デイト Ref.116610LN

98万8000円

 

回転ベゼルを搭載して1953年に誕生した世界初の本格ダイバーズウオッチ。長く使い続けるほど傷つきやすいベゼル部に、現行モデルでは超硬質なセラミックを使用することで、新品同様の美しさを長期間わたり保つことができます。また、視認性の高い文字盤デザインが秀逸。日付表示は、数字を約2.5倍に拡大するレンズも備えられています。

 

初代モデルから継承される視認性の高い3・6・9ダイアルがアイコン

150807_09038_04

エクスプローラーⅠ Ref.214270
66万8000円

 

タフな探検用として1953年に誕生以来、時を告げる性能にこだわり、視認性の高い“3・6・9ダイアル”を継承。シンプルなデザインはビジネススーツにもピッタリで、直径が3mm大型化された現行モデルは腕元の存在感も高まっています。

150807_09038_05

3・6・9時のみアラビア数字とし、瞬間の視認性を向上。初代モデルから続く意匠です。

 

2015年夏発売のリニューアルモデル!

ベゼルに96個、文字盤に11個のダイヤをセット

150807_09038_06

チェリーニ タイム Ref.50609RBR
正規予価213万8400円

 

2014年に誕生した新チェリーニ・コレクションで、もっとも機能的にスタンダードな3針タイプに早くも新バリエが加わりました。ブラックラッカーダイアルの11個のダイヤと、ベゼルに配された96個のダイヤが優美。

 

5サイズで魅了するスタンダードなノンデイト仕様

150807_09038_07

オイスター パーペチュアル Ref.114300
正規予価58万3200円

 

デイト表示のないシンプルな定番コレクションに、最大サイズとなる39mmモデルが新たに加わりました。これで26、31、34、36mm径と合わせて5サイズ展開に。スタイリッシュな新色ダークロジウム文字盤にも注目。

 

ラグジュアリーなマリンウオッチに新バリエ

150807_09038_08

ヨットマスター Ref.116655
正規予価257万400円

 

休日にヨットを楽しむセレブのライフスタイルをイメージしたマリンウオッチ。2015年夏、ロレックス独自のエバーローズゴールドケースに、マットブラックのセラミックベゼルを組み合わせた新バリエーションが誕生します!

 

新開発ムーブメントを搭載した40mm径の新サイズ

150807_09038_09

デイデイト40 Ref.228206
正規予価643万6800円

 

ドレスラインの最高峰に位置するデイデイトに、40mm径サイズが新加入。代わりに41mm径のデイデイトⅡは生産終了となり、定番36mm径との2サイズ展開に。ムーブは70時間パワーリザーブを誇る新開発のCal.3255です。

 

 

ロレックスの抜群の知名度と人気は、中古になってからの価格維持につながり、資産的価値も目減りしにくいのが特徴。結果、新作を求める人は右肩上がりで増加中で、2014年には4000億円以上の売上を記録。単体ブランドとしては異例の売上であり、その人気は留まることを知りません。

 

TAG
    SHARE ON