ファッション
メガネ
2021/10/7 18:40

心身の状態を可視化するメガネ「JINS MEME」の新作が10月14日発売

独自の3点式眼電位センサーと6軸モーションセンサーを搭載し、世界初の自分を見るアイウエアとして開発された「JINS MEME(ジンズ ミーム)」のリニューアルが発表されました。“ココロとカラダのセルフケアメガネ”となる新作を、10月14日(木)からJINS一部店舗およびJINSオンラインショップ、Amazonで販売します。

 

センサーとバッテリーを小型化し、かけ心地を向上

JINS MEMEは、2015年11⽉に独⾃のテクノロジーによりココロとカラダを可視化する「世界初、 ⾃分を⾒るアイウエア」として誕⽣しました。その特徴は、まばたきや視線移動を計測する独⾃開発の3 点式眼電位センサーでココロの状態を捉え、カラダの動きを計測する6軸モーションセンサーでカラダの状態を捉えてアプリで可視化できる点です。発売前から⼤きな反響のあったJINS MEMEは、次世代機の発表が待たれていました。

 

今回発売となる次世代機の研究開発には5年以上の時間を費やしました。新しいJINS MEMEは、専⽤アプリの機能も、サービス利⽤⽅法も、全面的な進化を遂げた“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として登場します。

 

フレームは、かつてノーズパッド周りとテンプルエンドに分散して格納されていた2つのセンサーとバッテリーを⼩型化し、すべてをノーズパッド周りに“JINS MEME CORE”として集約することに成功。これにより、フレームの軽量化、かけ⼼地の向上、通常のメガネと遜⾊ないデザイン性を実現しました。

↑旧型はフレーム末端部が太くなっていましたが、新作ではほっそりした外観に

 

専用アプリは、JINS初のサブスクサービスに

また専⽤アプリは、Bluetoothで接続したCORE パーツから得た情報を独⾃のアルゴリズムで解析。姿勢などの計測により「BODY(カラダ)」を、没⼊度・安定度・バイタリティから「MIND(ココロ)」を、2種のセンサーを活⽤し「BRAIN(集中)」の状態を可視化します。

↑姿勢を評価する「BODY」のアプリ画面

 

さらに、心身をより良い状態に整えるためのオリジナルコンテンツも多数搭載。現代⼈の⽇常課題を、毎⽇かけるメガネで気軽に解決できる設計となっています。また、専⽤アプリの継続利⽤価値を考慮し、フ レーム価格を極⼒抑え、JINS初となるサブスクリプションサービスとしてアプリ課⾦型での提供となります。アプリの利用料金は、月額500円または年間5000円です。

 

新しいJINS MEMEは、メガネタイプが4型8種、サングラスタイプが2型4種発売され、価格は1万9800円(税込)となります(度付きレンズ代込み、サングラスは度付きレンズ代別)。

 

TAG
SHARE ON