ファッション
スニーカー
2016/10/2 22:31

クラシックスニーカーの代表格「GAZELLE」ーー「mi adidas」に対応し装いも新たにパワーアップ

adidas originals(アディダス オリジナルス)のクラシックスニーカーの代表格である「GAZELLE(ガゼル)」が装いを新たに登場しました。その名も「GAZELLE VINTAGE SUEDE PACK(ガゼル ヴィンテージ スウェード パック)」。GAZELLEのフォルムはそのままに、 クラシックスウェードを施した新たなシルエットのスニーカーです。

 

GAZELLEは1960年代に多目的に使用できるオールラウンド用トレーニングシューズとして登場した、歴史深いモデル。そうです、Beastie Boys(ビースティボーイズ)が着用していた、あのモデルです。またもやBeastie Boysが登場しましたが、みなさんの中には「Beastie Boysが履いていたのはガッツレーじゃなかったっけ?」って思った方も多いはず。実はガッツレーというのは「GAZELLE」のドイツ語読みで、ガゼルが英語読み。つまりガッツレーとガゼルは同じモデルなのです。

 

20161001-a05 (1)

本作は、90年代初期のモデルを忠実に再現しています。 アッパーにはヴィンテージのスウェード、 オフホワイトのラバーソールに、 レザーのスリーストライプスとヒールタブを採用。 GAZELLEに欠かすことのできないパーツを 抜かりなく引き継ぎ、 その姿を現代風に甦らせたのです。ワタクシ本間も早速購入しましたので、早速見ていきましょう!

 

余分なディテールを省いたシンプルなデザイン!

20161001-a05 (2)

adidasのモデルでお馴染みのスリーストライプス。ギザギザのエッジとゴールドのロゴプリントが、クラシックな雰囲気を醸し出しています。

 

20161001-a05 (3)

ヒールタブには、トレフォイルロゴのブランドアイコンをプリント。ワタクシ本間はこの美しいロゴをすり減らしたくないので、スニーカーを履くときはなるべくヒール先っちょを掴むように心掛けています。

 

20161001-a05 (4)

シュータンのロゴ周辺には、あらかじめ蛇腹状の折れ線が施されています。柔軟性が高いので、歩いた際にシュータンの先端が脚に当たりにくいよう設計されているのです。

 

20161001-a05 (5)

アッパーはソフトなスウェードによるスリムなフォルムなので、足を包み込むような柔らかな履き心地です。アウトソールはフラットで、地面をしっかりと噛んでくれます。

 

 

「mi adidas」でカラーのカスタマイズも可能!

やっぱりこの潔いまでのシンプルさがなんともいえないですね。ここ最近のコートシューズ人気の影響で再び登場したことは、ワタクシにとっては嬉しい限り。人気再燃中のワイドパンツと合わせれば、このシンプルさがよりキリッと引締めてくれるはずですよ。また、「mi adidas」にも対応しているので、自分だけのオリジナルカラーを作ることも可能。この機会に、ぜひGAZELLEを履いてみてください。

 

20161001-a05 (7)

adidas originals

GAZELLE VINTAGE SUEDE PACK

1万5109円

シュータンとヒールタブに配されたトレフォイルロゴのブランドアイコンによって完璧に作り上げられたGAZELLE。9月からは伝統的なスウェードのアッパー部分を、バラエティ豊かなカラーでカスタマイズすることが可能なサービス「mi adidas(マイ アディダス)」にも対応済みです。

 

【URL】

mi adidas http://shop.adidas.jp/originals/gazelle/

TAG
SHARE ON