ファッション
2016/10/31 10:21

身に着けるプラネタリウム「コスモサイン」に7年ぶりの新作が登場

シチズンの最高峰ブランド「カンパネラ」から、天文ファン必見の新作が登場。11月3日に発売となるコスモサインの7年ぶりのニューモデルは、「星座盤モデル」と「月齢盤モデル」の2機種あり、価格は前者が28万円(税抜)、後者が25万円(税抜)となっています。

 

時の起源である「天体の運行」を手首で知る

citizen1031_01

天空に浮かぶ星や月の動きから「時間」は考え出されました。時計も、ムーンフェイズや均時差表示など、天体の動きに深く関わりのある機能は多くあります。シチズンが手がける「コスモサイン」は、それら天体時計の究極の形ともいえます。

 

新作は2機種あります。一つ目は、漆黒の宇宙をイメージしたブラック文字盤の「星座盤モデル」。方位高度線をグレーにカラーリングすることでコントラストを落とし、従来モデルよりも星座を見やすく、よりリアルに再現されています。

 

北緯35度において見ることのできる4.8等星以上の更生1027個、アンドロメダ銀河やオリオン座大星雲などの星雲・星団など166個を正確にレイアウトされていて、まさに「身に着けるプラネタリム」といった装い。コスモサイン初のブレス仕様という点も注目です。

 

citizen1031_004

シチズン カンパノラ

コスモサイン 星座盤モデル

Ref.AO4010-51E

28万円(税抜)

 

【SPEC】

ムーブメント:クオーツ

素材:ステンレススチールケース、ステンレススチールブレスレット

サイズ(設計値):直径44mm、厚さ15.5mm

 

 

コスモサイン初の月齢表示モデルはとにかく「リアル」

 

もう一つは、月の満ち欠けをリアルに表示する「月齢盤モデル」。まったくの新型となる本機は、正確に再現した月の満ち欠けを文字盤にディスプレイし、月齢はもちろん、月と太陽の位置、太陽の出没時刻も表示します。

 

外周の24時間盤は、回転周期が24時間。内周の月齢盤は、回転周期が24時間50分29秒と、異なる速度で回転。これにより月の満ち欠けをリアルに再現しています。

 

月本体の表現も美しく、ティコやコペルニクスといったクレーターの位置までも正確に描写されています。

 

価格は30万円前後になりますが、宇宙をその手に収めるという壮大なスケールを考えれば、むしろ安いのではないでしょうか。

 

citizen1031_005

 

シチズン カンパノラ

コスモサイン 月齢盤モデル

Ref.A7800-02L

25万円(税抜)

 

【SPEC】

ムーブメント:クオーツ

素材:ステンレススチールケース、ワニ革ストラップ

サイズ(設計値):直径45mm、厚さ14.1mm

 

【URL】

シチズン カンパノラ http://campanola.jp/

 

TAG
SHARE ON