ファッション
2015/11/8 11:25

新品の輝きが蘇る! 腕時計のお手入れはこまめなメンテがカギ

毎日使用するアイテムを長く愛用するためには、常にきれいな状態にしておくのがベスト。本シリーズでは新品のようにピカピカにできるプロ推薦のケア用品を使い方とともに紹介しています。

 

気づかないうちに汚れがたまっている時計のお手入れ

1510039_1_01

時計は肌に直接触れるため皮脂や汗による汚れがたまりやすく、放っておくと臭いの原因になります。クリーナーでブレスレットの細かな部分まで洗浄し、常に清潔な状態にしましょう。

 

STEP1 クロスで汚れを落とす

1510039_1_02

クロスで風防など表面の汚れを落とします。クロスが微細なゴミまでキャッチするので、サッと拭くだけできれいになります。

 

●クロス
HELI マイクロファイバークロス
実売価格1296円(W400×L400mm)

超極細繊維により、時計に付着した小さな塵やほこりも逃さず拭きとれます。吸水性&速乾性に優れるのも特徴。

 

 

STEP2 クリーナーを付けてクロスで拭く

1510039_1_03

ブレスの両面にクリーナーをスプレー。1~2分置いて汚れを浮かせ、クロスで拭きます。隙間の汚れは綿棒などでとりましょう。

 

●クリーナー
HELI メタルブレスレット クリーナー
実売価格1080円(25ml)

メタル製ブレスレットの隙間に付いた皮脂汚れを落とせるスプレー式クリーナー。ネックレスなどにも使えます。

 

 

STEP3 プラスチック製風防のキズを除去!

1510039_1_04

プラスチック風防の細かなキズには、研磨剤を活用。「クロスに少量を付けて塗り込むだけでキズが消えます。

 

●研磨剤
Beco ポリウォッチ
実売価格864円

プラスチック製風防の小さなキズを取り除ける研磨剤。年代もののオメガやロレックスの時計などにオススメです。

 

 

普段は時計盤にしか目がいきませんが、よく見るとバンド部分にも汚れがたまっているもの。月に1回はこうして磨いてあげるだけで、いつまでも新品同様の輝きを放ってくれるはずです。

TAG
    SHARE ON