ゲーム&ホビー
2018/11/22 23:33

懐かしすぎてヤバかった…「カードダス」復刻セレクション+「ミニ自販機」で30年前にトリップした話

バンダイの「カードダス」は2018年で誕生から30周年。そのメモリアル商品として、SDガンダムやドラゴンボールなどの超人気カードがぞくぞく復刻されてること、ご存知でしょうか。今回は、30代の読者には「直撃してた!」という方もきっと多いはずの、懐かしカードダスの“沼”にご案内します。

 

 

今年はカードダス30周年の記念イヤー

さかのぼること30年前、1988年に“自販機で買えるカード”として登場した「カードダス」。時代にあわせ形態こそ変わっていますが、現代に至るまで続いているバンダイのカード商品の代名詞です。

 

1990年代に大ブームを巻き起こした「SDガンダム」「ドラゴンボール」のカードダスは特に有名で、当時の小~中学生なら誰もが一度は買ったというほどの超定番アイテムでした。

 

そして30周年を迎えた今年、カードダス誕生当初に日本中を席巻した「自販機」のミニサイズ復刻版が発売。“ミニファミコン”以後のミニ懐かしゲーム機ブームもある中での登場で、一部で大きな話題を呼んでいます。

↑好評につき再販決定!「30周年記念カードダスミニ自販機」価格:6480円(税込/送料・手数料別) 2019年2月発送分 予約受付終了:2019年1月7日 23時

 

 

SDガンダム、ドラゴンボールの復刻版カードダスをイッキ見せ!

「カードダスミニ自販機」はかなりの逸品ですが、この自販機について語る前に、みなさんにはぜひ見てもらいたいものがあります。

 

というのも、「ミニ自販機」が今年8月より発売された際、自販機とセットで楽しむのにぴったりな復刻カードの“ベストセレクションセット”が同時発売。これが「SDガンダム」や「ドラゴンボール」で特に人気があったプリズムカード(キラカード)ばかりをシリーズごとに集めたものすごいもので……。いわゆる“当時品の完全復刻”ではないものの、カードのオモテ面はマニア以外見分けがつかないほど当時を再現。キラキラの加工と絵柄による懐かしさを存分に味わうことができます。

 

ここから掲載する4シリーズの商品は、「プレミアムバンダイ」(バンダイ公式通販サイト)での予約商品だったため残念ながら現在は注文できません。しかし、夏ごろより発送された完成品を手にして、「これを並べたときの圧倒的ビジュアルは、同じ時代を知る人たちに共有しなければ!」という使命感から全カードを撮影。以下128枚、あのころ何かに憑りつかれたように買いまくっていたカードダスに、こうして再会できた奇跡をぜひ確認してもらえればと思います。

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット SDガンダムワールドver」

プリズムカード32種セット(現在は受注終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット SDガンダム外伝ver」

プリズムカード32種セット(現在は受注終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット ドラゴンボール カードダスver」

プリズムカード32種セット(現在は受注終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット ドラゴンボール スーパーバトルver」

プリズムカード32種セット(現在は受注終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにレビュー!「30周年記念カードダスミニ自販機」

みなさんの思い出のカード、見つかりましたか? 128枚全掲載、長い道のりだった……! まずはここまでたどり着いていただき、ありがとうございます。しかし記事はもうちっとだけ続くんじゃ。ということで、ここからは記事冒頭で触れた「カードダスミニ自販機」についても紹介します。このミニ自販機は好評を受け再販(2019年2月発送分の予約受付)中なので、今からでも買えますよ。

 

↑「30周年記念カードダスミニ自販機」の実機

 

実はかなりさまざまな種類があるカードダスの自販機。その中でも、今回のミニ自販機は「カードダス20の横ハンドル版」とされるものです。つまり、10円玉を2枚入れて横のハンドルを回すことでカードが1枚出てくる最初期の仕様。これになじみがあるという人はけっこう多いのではないかと思います。

 

そんなおなじみ仕様を、幅145×奥行き110×高さ180mmというお手軽サイズに縮小し、10円玉硬貨を2枚入れてカードを排出する機能を完備。そのうえで、ハンドルを回したときの「カリッ、カリッ」という手ごたえ・音まで再現したのが大きな特長です。

 

↑別売のカードダスを本体裏面より装填。約50枚までセットすることができます

 

↑10円玉を2枚投入。1枚だけだとハンドルが回らない仕掛けになっています

 

↑カリッ、カリッとハンドルを回して……

 

↑こんな感じでカードを取り出します

 

↑投入したコインは本体底面にストックされる仕組み。貯金箱的な使い方もできるかも?

 

ミニ自販機の“顔”となるディスプレイシート

この「ミニ自販機」はご覧のとおり、商品単体だとキャラクターの絵が入っていません。実はこれ、前面の“ディスプレイシート”を交換して楽しむ前提となってるんです。

 

この交換用のディスプレイシートは、記事の前半で紹介したカードダスセットに各5点ずつ付属。このれらの中には懐かしい自販機の絵柄を再現したものがあり、ユーザー各々が「これぞ!」と思うものをセットすることにより「ミニ自販機」が言わば完全体へと進化を遂げます……!

 

↑ディスプレイシートはこのように上部のスリットから差し込みます

 

↑そしてこれが完全体! 筆者がもっとも“トリップできた”ディスプレイシートは、この「SDガンダム外伝・ラクロアの勇者」でした。懐かしいぃ~……

 

↑「ベストセレクションセット SDガンダムワールドver」に付属のディスプレイシート5種

 

↑「ベストセレクションセット SDガンダム外伝ver」に付属のディスプレイシート5種

 

↑「ベストセレクションセット ドラゴンボール カードダスver」に付属のディスプレイシート5種

 

↑「ベストセレクションセット ドラゴンボール スーパーバトルver」に付属のディスプレイシート5種

 

今からでも間に合う。おすすめのカードダス30周年アイテム

「ミニ自販機が今からでも買えることはわかった。でも別売カードダスやディスプレイシートはもう手に入らないのかよ……」と、モヤモヤした人もいることでしょう。その点においては、ミニ自販機+復刻カードプロジェクトはまだまだ展開しており、さらなる新商品も登場しています。ということで、今からでも間に合うおすすめの3アイテムを紹介しましょう。

 

先ほども登場したドラゴンボールの「スーパーバトル」シリーズは、ベストセレクションセットが大好評につき“第2選”が登場。同じくベストセレクションセットでは別の人気コンテンツとして「幽☆遊☆白書」が新登場。こちらは“本弾”とよばれるシリーズと、ドラゴンボールと同じ「スーパーバトル」シリーズをミックスした良いとこどり構成になっています。

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセットドラゴンボール スーパーバトルver. 第2選」価格:4104円(税込/送料・手数料別) 予約受付終了:2018年11月25日 23時

 

「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット 幽☆遊☆白書 カードダス&スーパーバトル」価格:4104円(税込/送料・手数料別) 予約受付終了:2018年11月25日 23時

 

そしてラストはSDガンダムですが、こちらはなんとカードダスそのものではなく、ミニ自販機用のディスプレイシートだけをガッツリ集めたマニア向けのコレクションです。「ラクロアの勇者」から始まる「SDガンダム外伝」シリーズを32枚のミニディスプレイシート化したうえ、以前の復刻カードセットでは実現されなかったプリズム加工も施されるとのこと。これは「カードダスは当時品をすでにコンプしてて……」というような強者も必見のレアアイテムになりそう。

 

 

 

「カードダス30周年記念 SDガンダム外伝 オールプリズム ミニディスプレイシートコレクション」価格:5000円(税込/送料・手数料別) 予約受付終了:2019年1月7日 23時

 

“30年前のあのころ以来”でも軽めのノリで買える「ミニ自販機」やベストセレクションカードセット。懐かしモノとしてのカードダスには楽しく険しい“沼”が広がっていますが、一方で30周年のメモリアル商品群は間口の広さが魅力的です。今から間に合うものに関してはぜひ買い逃しのないように……!

 

●カードダス画像の一覧はこちらから!

 

©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

©創通・サンライズ

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社

TAG
SHARE ON