ゲーム&ホビー
2019/5/5 13:00

歴史的名作40タイトル収録で細部に至るまで実機を復刻!時代が求めた16BIT

ミニファミコンとミニスーファミが大ヒット(世界累計1000万台超!)したことで、ミニハード市場に任天堂以外も続々と参入を始めた。その真打ちとも言えるのが、発売が9月19日に決まり、予約殺到中の「メガドライブミニ」だ。

 

メガドライバー大歓喜! ミニハードの真打ち登場

メガドライブは、当時の国内市場ではスーファミの後塵を拝すも、北米市場では一時シェアトップをとったほどの名ハード。熱狂的なファンは日本でも多い。今回の人気の過熱ぶりは、そうした元々のメガドライブファンの多さに加え、発売日とともに公開された10タイトルにプレミアソフトが並び、インパクト大だったこともある。今後、順次発表されるという残りのタイトルも楽しみすぎる!

9月19日発売

セガゲームス
メガドライブミニ
6980円

1988年に誕生した16ビット機・メガドライブのミニ版。幅154㎜×高さ39㎜×奥行き116㎜と実機の約55%に縮小。すべてのゲームでいつでも途中セーブが4か所までできる機能が加わった。コントローラーが2個同梱の「メガドライブミニ W」(8980円)も発売。

 

↑カートリッジを実際に挿すことはできないが、パワースイッチやリセットボタンなどはちゃんと可動する。再現度高すぎ!

 

↑操作性の良さが好評な6ボタン式「ファイティングパッド6B」を同梱。メガドライブ2以降に付属していた

 

 

収録タイトル40作のうち発売日とともに公表された10作!

 

スペースハリアーⅡ(1988年発売)

当時のローンチタイトル。高速スクロールの疾走感がクールなアーケード作の続編だ。

 

レッスルボール(1991年発売)

サッカー、アメフトなどを合体させた近未来格闘スポーツゲーム。2P対戦が白熱した。

 

レンタヒーロー(1991年発売)

ヒーロースーツをレンタルした青年が戦うアクションRPG。いまだにキャラ人気高し!

 

シャイニング・フォース ~神々の遺産~(1992年発売)

セガの看板RPGシリーズ第2弾。戦闘アニメが絶賛された、大作タクティクスRPGだ。

 

ソニック・ザ・ヘッジホッグ2(1992年発売)

音速ハリネズミ・ソニックが爆走する、シリーズ屈指の名作。2人同時プレイも可能。

 

ガンスターヒーローズ(1993年発売)

敵の多関節アクションの滑らかさは語り草。マニア感涙のアクションシューティング。

 

VAMPIRE KILLER(1994年発売)

メガドライブ唯一の「悪魔城ドラキュラ」作品。ハード末期で本数が少なく超プレミア。

 

ぷよぷよ通(1994年発売)

大ヒットした落ちモノパズル第2弾。おじゃまぷよを打ち消す「相殺」が導入された。

 

コミックスゾーン(1995年発売)

アメコミに入り込み、コマを渡り歩いて戦う斬新なアクション。こちらもプレミアソフト。

 

魔導物語 Ⅰ(1996年発売)

「ぷよぷよ」と世界観を共有するダンジョンRPG。国内のメガドライブでは最後の作品。

 

 

レトロゲー好きライターが選ぶコレも復刻希望!

ライター 柚木安津さん

フリーのゲームライター。「シャイニング」シリーズを遊びたくてハードを買ったメガドライバー。

「戦略シミュレーション『アドバンスド大戦略』の収録に期待! CPUの思考の遅さは伝説級ですが(笑)、一手一手変わる戦況に手に汗握りました。3DRPG『シャイニング&ザ・ダクネス』も復活希望。にぎやかな酒場の光景は必見です」(柚木)

 

 

©SEGA ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©Konami Digital Entertainment ©2019 D4Enterprise Co.Ltd.

TAG
SHARE ON