ゲーム&ホビー
スマホゲーム
2016/10/14 18:48

PSの名作「moon」のタッグがスマホゲームで新作ーーNTTぷららとひかりTVがかなり攻めてる

10月13日に、NTTぷららの2016年度下期事業説明会が開催されました。代表取締役社長 板東浩二氏が登壇し、「ひかりTV」の今後の取り組みを発表。映像コンテンツの拡大だけでなく、趣味学習サービスやスマホ向けゲームの配信など、新サービスの拡大に期待が高まりました。

 

10月以降続々と新サービスが続々リリース!

20161014-a02 (5)

「ひかりTV」の2016年度下期の主な取り組みはこちらの5点。BS民放5チャンネルの提供や、HDR対応の4K-IP放送サービスの開始など映像コンテンツの充実を図る一方で、趣味学習サービスやスマホ向けゲームなど新たに事業を推進する姿勢を見せました。TV放送に関する新サービスは主に3点。

 

【その1】BS民放5チャンネルの提供を開始

20161014-a02 (6)

NTTぷららとアイキャストが運営するスマートTVサービス「ひかりTV」では、2016年12月1日から新たにBS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジの5チャンネルが視聴可能に。この5チャンネルは、ひかりTVの「お値うちプラン」「テレビおすすめプラン」「ビデオざんまいプラン」「基本放送プラン」のいずれかに加入していれば、誰でも無料で視聴できます。

 

【その2】吉本興業との提携で新チャンネルをスタート

20161014-a02 (7)

「ひかりTV」の自主放送チャンネル「モデルプレスTV by ひかりTV 4K」が2016年12月1日に全面リニューアル。吉本興業株式会社と提携し、人気アイドルやモデルによる生放送やライブが楽しめるエンターテインメントチャンネル「Kawaiian for ひかりTV 4K」がスタートします。

 

【その3】10月24日から4K-IP放送を提供

20161014-a02 (8)

HDR対応の4K-IP放送にも対応します。開始時はすでに4K作品として放送中の番組8本をHDR対応番組として配信し、以降順次番組ラインナップを追加するとのこと。板東社長は「4k放送はお客様の反応や普及状況をみながらラインナップは検討していきたい」とコメントしていました。

 

テレビ以外の新たなサービスも発表!

20161014-a02 (9)

今回の発表会ではテレビサービス以外にも、オンライン上で趣味が学べる学習サービスやスマートフォン向けゲームアプリなど、「ひかりTV」の新たな試みと受け取れるサービスも発表されました。

 

■人気のスクールがオンラインで学べる「Shummy」

20161014-a02 (11)

「Shummy(シュミー)」は2016年12月中旬開始予定のオンライン上で動画講座を受講できる趣味学習サービスです。動画講座は、ニコン(カメラ)やル・コルドン・ブルー(料理)など大人気のスクールの講師・専門家の動画講座を約15種類用意。また、動画コンテンツだけでなく受講内容に合わたワークショップなど、オフラインでのイベントに参加できるのもShummyの特徴です。講座は年度内に30種類まで拡大していく予定。

 

■オリジナルゲームアプリ「ルナたん」は10月27日から配信!

スマートフォン向けゲームアプリ「ルナたん~巨人ルナと地底探検~」の提供も発表されました。「ルナたん」はNTTぷららが手掛ける初のスマホ向けゲーム。独特な世界観とキャラクターが特徴で、直観的な操作で楽しめる穴掘りアクションパズルゲームです。ゲームディレクターに西 健一氏、キャラクターデザイナーに倉島一幸氏を招聘。ゲームファンにはたまらない不朽の名作「moon」を手掛けた2人が再びタッグを組んで制作されました。

 

なお、「ルナたん」は2016年11月に提供予定のテレビ版 「ひかりTVゲーム」でも遊ぶことができます。テレビの大画面で色鮮やかな世界が楽しめるだけでなく、アプリと連携させるとゲームを有利に進めるアイテムと交換ができたりと、さまざまな特典に対応予定です。

↑「ひかりTVゲーム」のプレイ画面
↑「ひかりTVゲーム」のプレイ画面

 

会場では、大人気YoutuberのHIKAKINさんによる「ルナたん」紹介動画が公開されました。さらに2017年4月から「ひかりTV」のビデオサービスで気軽に見ることができるオリジナルアニメの配信も決定。ゲームだけでなく書籍やキャラクターグッズの制作、ゲーム音楽やアニメ主題歌など、多岐にわたってサービスを展開する方針を発表しました。

↑HIKAKINさんの紹介動画

 

ビデオやショッピングなど、様々なサービスでユーザーを楽しませてくれる「ひかりTV」。今回の発表会では、主力のテレビ事業のみならず新規コンテンツが提案されましたが、とくにゲームアプリやオンラインサービスは、順次新しいタイトルのリリースに期待できそうです。今後も「ひかりTV」の動向からは目が離せませんね。

TAG
SHARE ON