ゲーム&ホビー
2022/8/4 19:30

Logitechがテンセントと提携、「クラウド対応携帯ゲーム機」を開発へ

海外で周辺機器を展開するLogitech(日本でのブランド名はロジクール)が、クラウドに対応した携帯ゲーム機を開発することを表明しました。

↑クラウド対応携帯ゲーム機に参入したLogitech

 

クラウドゲームに対応した携帯ゲーム機には、Valveが販売する「Steam Deck」があります。こちらはSteamのゲームを手のひらサイズで遊ぶことが可能で、日本でも予約が開始されています。

 

Logitechによれば、同社の携帯ゲーム機では「Xbox Cloud Gaming」や「Nvidia GeForce Now」といったクラウドゲームを遊ぶことが想定されているとのこと。開発では中国大手のテンセントと提携し、2022年後半にも製品がリリースされる予定です。

 

現時点では、Logitechの携帯ゲーム機のOSやスペック、デザインなどは明かされていませんが、カスタムしたAndroidを搭載することが予想されます。

 

Logitechは「G」ブランドとして、PCゲーム向けの周辺機器を多数リリースしており、このことからも同社が独自に携帯ゲーム機の開発に参加することは自然な流れと言えるでしょう。

 

ゲームのコントローラーを飛び越え、独自に携帯ゲーム機市場へと飛び込むLogitech。携帯ゲーム機はなかなかタフな市場ではありますが、どのような戦いを見せてくれるのか注目です。

 

Source: Logitech via 9to5Google

 

TAG
SHARE ON