ゲーム&ホビー
2022/9/7 21:45

歴代PlayStationハード設計に携わったSIE伊藤雅康氏が代表取締役副社長を退任へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は6日、伊藤雅康代表取締役副社長が来月で退任することを発表しました。

↑Shutterstockより

 

伊藤氏はPS5やPS4、PlayStation VRなどの設計に深く関わってきた人物であり、1つの時代が終わった感があります。

 

Bloombergによると、伊藤氏の退任は定年退職によるものとのこと。退任後もソニーGの電気自動車などにかかわるモビリティー事業の業務には携わる予定だと伝えられています。

 

伊藤氏は1986年にSonyに入社し、2000年にソニー本社からSCE(SIEの前身)に異動。そしてPS One用の液晶モニターやPS2用ネットワークアダプタなど周辺機器の設計を担当した後に、携帯ゲーム機PSPの設計を手がけました。

 

さらにPS3やPS4、PS5では初期から設計に携わり、PlayStation VRも担当。いわば数世代にわたりPlayStationハードウェアの設計を支え続け、ゲーム業界での覇権に貢献した立役者といえます。

 

もはやSIEも本社を米国に移しており、国内に残っているのは「支社」です。日本では長らく親しまれていた「決定は○ボタン」がPS5では×ボタンに変更されたのもその影響と推測されますが、今後ますますソニーのゲーム部門は日本色が薄まっていくのかもしれません。

 

Source:SIE
via:Gamesradar

TAG
SHARE ON