ヘルスケア
2018/6/7 19:45

「性別の垣根を取り払う」デザインをアピール! 「部位別モード」搭載のEMS機器「エクリア リーンアップ」発表会

エレコムは2018年6月6日(水)、新たなEMS機器「エクリア リーンアップ HCT-BTP01」(実売価格1万9408円)の発表会を開催しました。会場ではインストラクターの岩崎志保氏により、効果的なエクササイズのメソッドが紹介されたほか、「エクリア リーンアップ」のミューズを務めるモデルの新井貴子さん、元新体操選手の畠山愛理さん、メンズノンノモデルの高見翔太さん、スタイリストの祐真朋樹さんをゲストに迎えて、「エクリア リーンアップ」のあるファッションの披露やトークセッションも行われました。

 

 人気のEMS機器「エクリア リーン」の第二弾が登場

↑インストラクターの岩崎志保さん

 

「エクリア リーンアップ」は「しなやかなヒト、しなやかなカラダ」をコンセプトに開発された、EMS製品(電気刺激によって筋肉を収縮させる運動機器)「エクリア リーン」の第二弾。性別の垣根を取り払ったデザイン・機能が意識されており、貼るだけで美しい姿勢と細くしなやかな体を作ることを目的としています。

 

本体サイズは直径約48mm×厚さ約16mmで、重さは約20g。充電時間は約2.5時間で、満充電時には90分以上(6回分以上)の利用が可能です。1回のプログラムは約15分で、自動オフタイマーも用意されています。

↑本体には触るだけでわかりやすいボタンが3か所あります

 

↑パッケージにはグレーとアイボリーの本体が1つずつ入っており、色で部位を分けられます

 

パッケージには本体2つとコアパッド3枚を同梱

パッケージにはグレーとアイボリーの本体が1つずつ入っているほか、二の腕や脇腹に使えるツインパッド2枚、お腹や太ももなどの大きな筋肉を鍛えるコアパッド1枚、合計3枚のゲルパッドが付属。体幹や腕、足など部位に応じたトレーニングが可能となっています。ゲルパッドは水洗いでき、約300回繰り返し使えます。

 

6月7日(木)発売でパッケージ実売価格は1万9408円。交換用ゲルパッドは、小型のツインパッド2枚入り、大型のコアパッド1枚入り、それぞれ3445円となっています。

↑パッケージ価格は1万9408円(写真奥)。交換用ゲルパッド(ツインパッド×2・写真手前左、コアパッド×1・写真手前右)はともに実売価格3445円

 

 

デザインの良さをアピールするファッションショーも開催

発表会では、ミューズに選ばれたモデルの新井貴子さんが登壇。「自分が思う理想のスタイルはただ細いだけじゃなくて、健康的でしなやかなラインを持った女性らしい、キレイなラインのある身体が理想」と語りました。

↑体幹トレーニングが習慣という新井貴子さん

 

新井さんはスタイルを保つ秘訣について聞かれると、「1日に2回、朝晩体幹トレーニングをしている」と告白しつつ、「エクリア リーンアップ」の薄さやコンパクトさ、携帯性を評価。「NY、パリ、ロンドン、ミラノとよく行きますが、移動時間が長いので、その間に使いたい」と期待を寄せました。

 

また、発表会では、コンパクトさとデザインの良さをアピールするため、スタイリストの祐真朋樹氏によるエクリア リーンアップを取り入れたファッションも披露されました(以下写真)。こうして見ると、本機がまるでアクセサリーの一種のようにも見えます。確かに、性別を感じさせないオシャレなデザインなので、ファションショーを行うのも納得できますね。

↑左からモデルの高見翔太さん、スタイリストの祐真朋樹さん、モデルの新井貴子さん、元新体操選手の畠山愛理さん

 

スマホ連携で、脂肪の厚みに応じた周波数を自動で選択!

ここからは、製品の詳細とその開発背景について紹介していきましょう。本製品の大きな特徴は、スマートフォンのアプリと連携できること。なかでも、事前に性別、身長、体重、お腹のカタチなどの情報を入力すると、選択部位の脂肪の厚みに応じた周波数が自動的に選択される「部位別モード」を搭載するのが特徴です。これは、皮下脂肪の厚みによって、トレーニング効率の高い周波数が異なるため、脂肪の厚みによって中周波を変化させ、体型や部位に応じた最適な運動効果を与える機能です。

↑情報を入力し、引き締めたい部分を選択すると、最適なモードをアプリで自動設定

 

本体は電源ボタンのほか刺激の強さを変えるボタンがついており、従来通り15段階で調整できますが、アプリのみで操作可能な16段階目の「UP」というモードを備えているのも特徴のひとつ。これは特別プログラムで、筋肉の収縮時間や強度を上げてより体幹をトレーニングし、美しい姿勢を作るモードとのこと。

 

アプリには現在「美しいお腹」「くびれをつくる」「たれ尻改善」など8種類の目的別のエクササイズがプリセットされていますが、今後アップデートにより随時増える予定だそうです。

 

初代「エクリア リーン」は性別を超えた反響があった

エレコム 商品開発部 ヘルスケア課 課長代理の岩井眞琴氏によれば、現在EMS機器は大きな市場になっているとのこと。男性メインの市場から、女性、特に20代の女性がもっとも高い興味を示しているといいます。

↑岩井眞琴氏

 

昨年、女性向けのEMS機器として「エクリア リーン」を発売したところ、しなやかな筋肉を付け、より美しくなりたいという女性の需要を掘り起こすことに成功。「性別を感じさせない」「自分向け」「おしゃれ」「かわいい」など高い評価を受けたとのこと。さらに「女性のみならず男性の購入者も多く、高い評価を受けており、そこでも『性別を感じさせない』として、『エクリア リーン』が男女の垣根を超えた製品に昇華した」と説明しました。

↑EMS市場が伸びており、女性に拡大中とのこと

 

↑エクリア リーンは女性の需要を掘り起こすことに成功

 

周波数が高ければ効果があるわけではない

岩井氏は、今回から新たに搭載された「部位別モード」についても説明。皮下脂肪が多い部位では周波数を高く、少ない部位では周波数を低く自動的に設定することで、どんな脂肪の厚さにも邪魔されず、筋肉にしっかりアプローチできるといいます。「周波数は高ければいいというわけではなく、皮下脂肪が少ない腕や脚は低い周波数にすることで、最大3.2倍の効果が得られる」と語りました。

 

個人の体型や部位に合わせた最適なエクササイズができる「エクリア リーンアップ」。コンパクトかつ美しいデザインなので、大げさな覚悟や準備も必要なく、手軽に始められそうですね。あなたも夏に向けて、本機でこっそり「しなやかなカラダ」作りを始めてみてはいかがでしょうか。

↑男性にも高評価だったことから、機能性、デザイン性をジェンダーフリーに進化させています

 

↑皮下脂肪が多い部位には高い周波数を、薄い部位には低い周波数が有効

 

TAG
SHARE ON