家電
調理家電
2017/6/5 19:10

乾麺パスタと食材を、同じ皿でチンすればOK…ってホント? 料理の概念が変わる「時短レンジ」2選

近年は、毎日のメニューをラクしておいしく作れる先進アイテムが続々と登場中。今回は、なかでもセンサー機能の精度を上げ、様々な自動調理を可能とした最新のレンジ2機種を厳選して紹介します。あまりに調理がカンタンすぎて、料理の概念すら変わってしまうかも?

 

その1

時短調理で定評のあるレンジに音声ガイド機能を新搭載!

0601-yamauchi-017-kai-760x570

三菱電機
レンジグリルZITANG RG-HS1
実売価格7万1000円

レンジからグリルへの自動リレー調理が可能なオーブンレンジ。広角16眼デジタル赤外線センサーが、レンジグリル加熱時の温度を正確に計測。その名の通り、時短調理がウリのZITANGですが、センサーの精度が向上したことで、春巻きのノンフライ調理や焼き魚など、様々な料理で自動調理が可能になりました。操作パネルはボタンの数が少なくて見やすく、選択が必要なボタンを光でナビゲートしてくれます。さらに新搭載の「音声ナビ」では、現在の状態や次に操作する手順を音声で案内。トリセツを開くことなく操作できるのがラクです。カラバリはレッドとホワイトの2色。

●庫内容量:13リットル ●消費電力:1360W(グリル、オーブン)、1070W(レンジ) ●サイズ/質量:W518×H266×D412㎜/16㎏

0601-yamauchi-018
↑時短レシピのひとつ「鶏とたっぷり野菜の簡単カレー」。材料を入れてボタンを押すだけ!

 

0601-yamauchi-020
↑庫内サイズはW290×H147×D308㎜。5面ともほぼフラットなので、汚れを拭き取りやすい作りです

 

0601-yamauchi-021
↑「設定温度は80℃です」「スタートボタンで加熱を開始します」など、設定や操作方法が音声案内されます

 

0601-yamauchi-019
↑調理時間18分でスパイシーなカレーのできあがり

 

その2

センサーが食材の温度を検出し“ワンボウル調理”が可能に!

0601-yamauchi-022-kai

 

パナソニック
スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」 NE-BS1400
実売価格18万1440円

レンジ、スチーム、グリル・オーブンの機能を搭載。「高精細・64眼スピードセンサー」により、ひとつの容器に異なる材料を入れてチンする“ワンボウル調理”が可能になりました。食品の温度を測定するセンサーの精度が高まったことで、ひとつの容器に異なる材料を入れて調理する「ワンボウルパスタ」「ワンボウルシチュー」などが可能に。調理の工程が省けてラクできるうえ、後片付けの手間も軽減。温度を細かく自動調節することで、吹きこぼれが抑えられるメリットもあります。自動メニュー数は385もあり、スマホのようなタッチディスプレイで呼び出せるのが実に便利!

 

●庫内容量:約30リットル ●消費電力:1390W(レンジ)、1400W(オーブン)、1350W(グリル) ●サイズ/質量:約W494×H390×D435㎜/約20㎏

0601-yamauchi-023
↑庫内サイズは約W394×H235×D309㎜。調理後に庫内をファンですばやく冷ます機能も搭載

 

0601-yamauchi-024
↑見やすいカラータッチ液晶を搭載。操作がわかりやすいうえ、料理の手順も確認できます

 

0601-yamauchi-025
↑パスタの乾麺と食材を同じ皿に入れて調理する「ワンボウルパスタ」。調理時間は約10分です!

 

0601-yamauchi-026
↑通常ならお湯を沸かす時間内にパスタが完成!