家電
2018/12/11 19:00

トップ同士の最強タッグが実現! 水サーバーにコーヒーマシンが合体した「AQUA WITH」のシンプルな楽しさ

みなさんは最強タッグと聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。筆者がひとつ挙げるとしたら、小室哲哉さんとYOSHIKIさんがかつて1991年に結成した「V2」。まあそれはいいとして、フードや家電業界でも、最強タッグが生まれることがあります。今回紹介したいのは、まさにそんなアイテム!

 

コーヒー界とウォーターサーバー界の両雄が手を組んだ!

↑「AQUA WITH」(アクア ウィズ)

 

今回紹介するのは、ネスレ日本をアクアクララのタッグによる製品「AQUA WITH」です。ネスレといえば、「ネスカフェ ゴールドブレンド」などで家庭やオフィス向けコーヒーシーンを席巻するトップランナー。一方、アクアクララは、ウォーターサーバー業界でシェアNo.1の最大手。本機はその両雄が手を組んだ大型新商品というわけですが、まず見た目のインパクトがスゴい!  ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが並んでいるんですけど……。「そのまま」の形ですが、実際の使い勝手はどうなんだろう? 味はどうなの? タッグを組んだ相乗効果は? …と疑問が止まらなくなっていたところ、折りよく広報さんから「貸し出しできますよ」とのお誘いの声が。ならぜひ! というわけで、以下でレポートしていきます!

 

今回は粉末のレギュラーソリュブルコーヒーを使うタイプをお試し

聞くと、コーヒーマシンは2種類から選べるとのこと。レギュラーソリュブルコーヒータイプの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」と、1杯分のコーヒーカプセルを使う「ネスカフェ ドルチェ グスト ジュニオ2 プレミアム」です。今回試したのは前者の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」。ちなみに、「レギュラーソリュブルコーヒー」というのは、乾燥した粉末にお湯を注げばすぐ飲めるタイプのコーヒーです。

↑今回は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」を借りました
↑「AQUA WITH」の背面はこう。コーヒーメーカー部分は、タンクがない代わりに、本体とパイプで接続されています

 

ちなみに、本機は月額のレンタル料金1620円~2160円(設置月は無料・2年契約)を支払うことで、専門のスタッフが配達から設置まで行ってくれます。これに水の料金(12リットル入りガロンタンク1本あたり1296円)とコーヒーの料金(例:ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック65g・1本あたり568円)を加えたのが月額の料金となります。

 

ウォーターサーバーのスイッチはイラスト付きでわかりやすい

設置が完了したところで、まずは水からチェック。さすが最新型ということで、スイッチは完全デジタル。上部にイラスト付きのコンソールがあって、これを操作して冷水やお湯を出します。

↑個人的に、日本語は生活感が出ると思っているのでこのデザインはナイス。英語ですがイラスト付きのため、操作に困惑することはありません

 

まずは、自動でかかるロックを長押しで解除(設定により自動ロックの解放は可能)。さらに、冷水か熱湯かを選択して、中央の供給(WATER SUPPLY)ボタンを押して抽出するという流れです。熱湯をオンにするにも長押しの必要があるため、誤作動は最初の自動ロックと併せて二重で防げるという設計。お子さんがいる家庭でも安心ですね。

↑冬は焼酎のお湯割りをよく飲む筆者。すぐに高品質な味のお湯が出るのはありがたい!

 

味に関しても申し分なし。アクアクララは「RO水」といわれる、原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過して作る、限りなく純水に近い水。これに最適なバランスの配合によるミネラル調整を行うことで、日本人の味覚に合うおいしさに仕上げています。

 

なお、ウォーターサーバーの水タンクは下部に収納。昔はこの重い水を上部までを「よいしょ」と持ち上げるタイプが多かったのですが、「AQUA WITH」は下部なので楽ちん。なおかつ下部の扉のなかに隠れるのでスタイリッシュです。

↑下部に収納するガロンタンク。ちなみにこの水は「モンドセレクション」の水部門で「優秀品質最高金賞」を7年連続(2012~2018年度)受賞しています

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON