家電
美容家電
2018/12/26 18:00

持っただけで感動! 3万円の鼻なしドライヤー「BD-E1」の使用感が想像を超えていた

ダイソンが従来のドライヤーとは一線を画したデザインと機能を持つ「Dyson Supersonic」を発売してから2年。今度は日本の空調家電メーカー、cado(カドー)が新たに理美容家電メーカー、cado cuaura(カドークオーラ)を設立し、斬新なデザインのヘアードライヤーを発売しました。それがこの「BD-E1」(実売価格3万240円)です。

 

「鼻」がないドライヤーの使い勝手はどうなのか?

一般的なドライヤーとは明らかに違うのは見ての通り、いわゆる”鼻”がないこと。まるで元々あった鼻を丸ごとカットしてしまったようなデザインです。このノーズレスデザインにどのような意味があるのか、ドライヤーとしての性能や使いやすさはどうなのか、さっそく試してみました。

↑鼻がないドライヤーBD-E1の実力は?

 

最初に基本構造をチェックしましょう。ほとんどのドライヤーに必ずある“鼻”がないのですから、構造そのものに違いがあるはず。まず一般的なドライヤーは、本体の後ろに空気の吸込口があり、後方にあるモーターでファンを回転させて風を作り、ノーズ内のヒーターで風を温めて前方から吹き出します。この構造だとモーターとヒーターの間に距離ができるため、モーターが高温になるのを防ぐことができます。

↑一般的な形状のドライヤー。ノーズ部分にヒーターを搭載することで、モーターが過度に熱くなるのを防いでいます

 

吹出口とヒーター部に遠赤外線効果の高い素材を使用

一方、BD-E1は両サイドに空気の吸込口があり、円形の本体の中にモーターとヒーターが隣り合わせで設置されています。そのためモーターが高温にならないよう、モーターとヒーターの間の隔壁に工夫を施し、遮熱をしっかりと行っているとのことです。

↑ヒーターとモーターがほぼ同じ場所にあるというのは従来のドライヤーではありえなかったこと。このアルファベットの「P」のような形状=「Pフォルム」もBD-E1が初となります

 

吹出口を見ると、ハニカム構造のセラミックカートリッジが搭載されています。これは遠赤外線効果が高いオーラストーンに、テラヘルツ鉱石の粉末をブレンドしたもの。さらにヒーター部のニクロム線にもセラミックコーティングを施しており、ダブルの遠赤外線効果(デュアル遠赤外線)が期待できるとしています。

↑セラミックカートリッジが搭載された吹き出し口。このような形状の吹き出し口を見るのも初めてです

 

BD-E1(ブラック)の最安値は以下をチェック!

BD-E1(ホワイト)の最安値は以下をチェック!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示