家電
2019/1/4 20:00

2019年、どんな家電がヒットする? 「4大キーワード」と注目モデルをピックアップ!

2019年の生活家電は、エレクトロラックスの掃除機やダイソンのヘアスタイラーなど、高付加価値の海外製品が注目を集めそう。日本勢は、バルミューダのデスクライトなどの革新機能が光ります。

 

“ポスト・ダイソン”はワンタッチでトランスフォーム

【その1】「変形スティッククリーナー」

コードレスと言えばダイソン一強の時代で、そのトレンドは現在、「吸引力アップ」と「軽量設計」に2極化しています。しかし、2018年後半、それらとはまったく別の「変形」アプローチで対抗してきたのがエレクトロラックスとシャークです。

 

エレクトロラックスの新モデルは従来の下重心設計ではなく、なんと重心スライド方式を採用。重心を上にスライドさせることで、狭い場所もより掃除しやすくなります。

 

一方のシャークは、「パイプを曲げる」という斬新な発想で、ベッド下などの掃除のしやすさと高い収納性を実現。いずれも重量感は結構ありますが、こうした思い切った発想は国内大手メーカーにはありませんでした。2019年、変形タイプは、より注目されるはずです。

 

【変形スティッククリーナー 注目モデル①】

下重心で床面をスイスイ掃除、上重心でヘッドが細かく動かせる

エレクトロラックス

Pure F9 Plus

実売価格6万5580円

床掃除では重心を下にして手首への負担を軽減。家具の隙間は上重心でヘッドを細かく動かせます。新開発のデジタルモーターで吸引力が向上、最長60分の連続掃除が可能です。5段階のフィルターシステムで微粒子ゴミも99.99%以上除去。

↑ユニットを上にスライドさせ、ベッド下もラクに掃除。パイプを床につけてもユニットが邪魔にならずヘッドが奥まで入ります

 

【変形スティッククリーナー 注目モデル②】

曲がるパイプで低い場所も立ったまま掃除できる

シャーク

EVOFLEX S30

実売価格5万9210

米国掃除機シェアNo.1メーカーが日本向けに開発。ワンタッチでパイプが曲がるため、家具下を立ったまま掃除したり、パイプをたたんで自立収納させたりが可能に。着脱式バッテリーを2個付属し、最長66分稼働。

↑ヘッドにはWブラシを採用。ソフトローラーとブラシロールで細かいチリも逃さずキャッチします

 

【日本メーカーの変形スティックも好評!】

ヘッドを外し高所用ブラシに切り替わる機構が秀逸!

シャープ

RACTIVE Air EC-AR2SX

実売価格4万3980円

2018年春、シャープはヘッドを外すだけで簡単に高所を掃除できるスティックを発売。EC-AR2SXはパイプが簡単に再装着でき、すぐ床掃除に戻れるなど、細かい配慮がウケています。

↑ヘッドを足で押さえてレバーを引くだけで「スグトルブラシ」が使用可能に。ヘッドは倒れず自立し、パイプ装着が簡単です

 

価格とスペックのバランスが絶妙

【その2】「格安ルンバ」

同社が目標とする「2023年の日本家庭でのロボット掃除機普及率10%」への第一歩として投入したのが、5万円台の“新世代ルンバ”e5。高級品のイメージが強いロボット掃除機ですが、価格的なハードルが下がってより普及しそう!!

 

従来の上級モデルの性能を踏襲しつつ5万円台を実現

アイロボット

ルンバe5

実売価格5万3870円

周囲の状況を把握し、部屋中の丁寧な掃除を可能にする「高速応答プロセスiAdapt」などの高機能を搭載しつつ、同等スペックの従来機よりも価格を2万円以上カット。スマホアプリを使い、出先からの掃除開始設定やソフトウエアの更新などが行えます。

↑独自のゴム製ブラシを2本搭載。床面にぴったり密着しながら回転し、粒の大きなゴミから髪の毛まで浮かせて、取り逃しなくパワフルに吸引します

 

高価格でも目の健康を気遣う人がお買い上げ!

【その3】「自然光デスクライト」

“目へのやさしさ”を訴求した2製品が今冬、同時期に発売。実際、バルミューダは子ども用ライトとしては高額ですが、「祖父母が孫のために買う」というケースも多いです。

 

【自然光デスクライト 注目モデル①】

手術灯から学んだ光拡散技術と自然に近い光で目の疲れを軽減

バルミューダ

BALMUDA

The Light

実売価格3万9960円

自然光に限りなく近く、ブルーライトのピーク波長を抑えた「太陽光LED」を搭載したデスクライト。手術灯からヒントを得た独自の光拡散技術で、影のできにくい光を実現しました。眩しすぎないやさしい光で勉強などの集中を妨げません。

 

【自然光デスクライト 注目モデル②】

目の疲れの原因となる眩しさやチラつきを低減

ダイソン

Dyson Lightcycle

デスクライト

実売価格6万9120円

居住地域の自然光をトラッキングし、時刻に応じて適切な色温度・明るさに調節して照射。目の疲れを引き起こす不要な眩しさやチラつきを低減し、学習環境を整えます。

 

髪をいたわる新技術・新構造が続々

【その4】「新“髪”想スタイラー」

2018年末、新型高級ドライヤーが続々登場。例えばDyson Airwrapスタイラーは、湿った髪のまま風の力でカールできます。髪と頭皮の健康を保つ新技術は、ヘアケアにこだわる女性にウケそうです。

 

【新“髪”想スタイラー 注目モデル①】

風の力で髪を引き寄せてスタイリング

ダイソン

Dyson Airwrap スタイラー

実売価格6万4800円

過度な熱に頼らずカールやブロー、ドライができる、髪にやさしいヘアスタイラー。「コアンダ効果」を応用し、風で髪を引き寄せてスタイリングします。大小のカーラーや、髪のクセを伸ばし滑らかにするブラシなど、付属品も豊富。

↑カーラーの曲面沿いに適度な圧力で送風。この風が周りの空気とともに髪を引き寄せ巻きつけます

 

【新“髪”想スタイラー 注目モデル②】

手に馴染むPフォルムで思い通りにセットできる

カドークオーラ

ヘアドライヤー BD-E1

実売価格3万240円

モーター上にヒーターを配したノズルレス形状で髪と手の距離を縮め、思い通りにスタイリング。過度な熱を抑え、大風量と吹出口から出る遠赤外線により、髪と地肌をやさしく素早く乾かします。

↑約400gの軽さで、自分の手と一体化したような使い心地。大風量による速乾性が魅力です

 

【新“髪”想スタイラー 注目モデル③】

髪を光で乾かしてうるおい・ツヤをキープ

マクセル

llexam(レクサム) 

光ドライヤー MXHD-3000

実売価格4万8600円(ヘアサロン限定)

マクセルから誕生した、美容家電ブランドの第1弾製品。ランプユニットから照射する「光」の熱を使うことで、髪の水分を残しながら乾かせます。約50℃の低温乾燥のため、キューティクルも傷めにくいです。

↑適度な風量で髪を広げて光を当てます。光は直進性が高くムラなく温まるため髪を傷めにくいです

 

【こちらもCHECK!】

高級ドライヤー市場が右肩上がり

ダイソン

Dyson Supersonic

(ブルー/ゴールド) 

実売価格6万4800円

Dyson Supersonicやパナソニックのナノケアなど、髪や頭皮のケアに配慮した高級ドライヤーが販売好調。2018年9月には豪華なSupersonic金箔モデルまで登場しました!!

 

文/ゲットナビ編集部、伊勢洋平、榎木由紀子、河上 拓、黒川秀紀、酒井麻里子、中山秀明、並木政孝、平島憲一郎

撮影/我妻慶一、佐坂和也

 

協力:楽天市場