家電
扇風機・サーキュレーター
2018/12/31 20:00

2018年、実はバカ売れしていた家電は? 今年の家電トレンドを振り返る

本記事では、誰もが一度は見たり聞いたりしたトピックを「オモテ」、実はよく知られていないかもしれないですが、見逃したくないトピックを「ウラ」として紹介。今回は「家電編」をお届けします。2018年の夏、特に7月は記録的な猛暑に。都内の熱中症患者も統計開始以来最多となり、「エアコンだけではムリ!」と扇風機が好調な売れ行きを見せました。

 

なかでも注目なのがダイソンなどが発売する多機能モデル。基本的に扇風機は季節ごとに収納するのが面倒なもの。温風機能や空気清浄機能を搭載し、1年中出して使える便利さで人気を集めています。

 

一方、そうした多機能扇風機人気のウラで激売れしたのがハンディ扇風機。様々なハンディ扇風機を扱うロフトでは、7月のハンディタイプの売上が前年同月比180%を記録したといいます。空調もいよいよ“1人1台”の時代に入ったことを実感させられます。

 

【解説する人】

家電コーディネーター 戸井田園子さん

雑誌やテレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍する家電のプロ。扇風機やエアコンなど空調家電の最新事情にも詳しい。

 

【大ヒット家電】多機能扇風機

きれいな空気で涼風・温風運転できる便利さが人気を集めました。

 

多機能扇風機その1

ダイソン

Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター

実売価格8万4020円

扇風機、空気清浄機、ヒーターと1台3役で使える人気機種の最新版。高性能フィルターでPM0.1レベルの微粒子を99.95%除去し、きれいな空気で空調します。最大350°の首振り機能、空気の状態をモニター表示する機能を搭載。

 

多機能扇風機その2

デロンギ

空気清浄機能付きファン

HFX85W14C

実売価格5万8660円

涼風・温風・空気清浄機能を搭載する3Way仕様。空気が物体の曲面に沿って流れる「コアンダ効果」を応用し、均一でやさしい風を送ります。本体上部にフィルターを配置し、PM2.5や花粉などを99%除去します。

 

【多機能扇風機・ヒットの理由】

多機能&デザイン性で通年使える!!

「ヒーター付き扇風機は以前からありましたが、“羽根のない扇風機”に温風・空気清浄機能が付き、機能・デザインともに“年中出しておける”製品が増えました。今後はますます多機能型が王道になりそうです」(戸井田)

 

【実は爆売れしていたヒット家電】ハンディ扇風機

フランフラン フレ 2WAY ハンディファン

1980円

4月末の発売から3か月で約9万3000個売り上げた、卓上とハンディの2Way仕様の扇風機。USB給電/充電に対応、充電では風量強で約2時間、弱で約8時間使えます。2000円以下の価格ながら風量を5段階調節でき、スペックも高いです。

↑パソコンのUSBポートから給電・充電が可能。オフィスでのPC使用時に手軽に使えるほか、外回りの仕事中にもサッと携帯できます

 

【ハンディ扇風機・ヒットの理由】

携帯できる利便性とオシャレさで訴求!

「アジア圏ではハンディ扇風機がすでに定着。日本でも猛暑の影響もあり、携帯できる利便性とデザイン性で若者中心に大ウケでした。フランフランなどオシャレ系ショップでアクセサリー感覚で買える点もヒット要因」(戸井田)

 

【そのほかヒットした代表的家電

ハイスペックエアコンも売れた!! 空気清浄機能付きモデルの7月の販売台数は前年比120%!

パナソニック

ルームエアコン エオリア WX / Xシリーズ

オープン価格

同社のエアコン部門は、2018年夏は工場がフル稼働状態に。特にWX / Xシリーズの高価値モデルが好調で、7月は前年比120%の出荷台数を記録しました。

 

猛暑対策で首筋を冷やすアイテムも多彩にラインナップ! ネッククーラーも話題に!!

サンコー

ネック冷却クーラー&温めウォーマー

実売価格6980円

2018年夏は首掛け型冷却グッズも人気に。水に浸すタイプや保冷剤を採用したタイプなどのアナログ系のほか、電力で冷却プレートのひんやり感を維持するサンコーの冷却クーラーのような通電系アイテムも登場しました。

TAG
SHARE ON