家電
2019/1/8 19:30

「出しっぱなし家電」のお手本か! 「プラスマイナスゼロ」よりオシャレだけどアナログな空気清浄機・クリーナー登場

風邪などが流行り始めると、部屋の中の空気の汚れが気になります。これから春になると、今度は花粉も心配になりますよね。そんなときに心強いのが空気清浄機。ずっと置いておくものなので、どうせならデザインにもこだわったものが欲しい! という方に、オススメのモデルがプラスマイナスゼロから発売されました。また、コードレススティッククリーナーも部屋に置きっぱなしになりがちな家電のひとつ。こちらもオシャレなモデルが同時に発表されました。以下で紹介していきましょう!

 

フィルターを適度に覆い隠すため、竹かごをイメージしたデザインに

まずは1月下旬発売の「空気清浄機 C030 XQH-C030」(実売予想価格4万2000円 ※税別)を見ていきましょう。円柱状のフィルターを囲うように格子状のパーツが配置されており、一見すると、椅子のような、サイドテーブルのような不思議なデザインです。実はこれ、空気を効率よく集じんするためにこだわり抜いたデザインとのこと。

↑空気清浄機 C030。高さ約503×幅298.5×奥行き298.5mm、重さ約5.9kg(フィルター含む)。カラーはホワイトとディープブルーの2色

 

本機のデザイナーは、みやけかずしげ氏。無印良品などの家電のデザインを手がけ、数々の賞を受賞している人物です。みやけ氏は、本機のデザインについて次のように解説しました。

 

「空気清浄機に求められる機能は、空気を素早く効率良く吸って、キレイな空気を部屋にはき出すこと。フィルターを覆いすぎず、適度に隠すデザインとしてイメージしたのは“竹カゴ”です。工業製品というよりもインテリアに近いものを意識し、部屋の中心においてもなじむデザインを採用しています」

↑デザインについて解説するみやけ氏(右)。360度どこからでも空気を吸い込めるよう、竹かごをイメージしてデザインしたそうです

 

円柱状のフィルターの外側には、スチール製中空パイプでできた66本のロッドを配置。それぞれ職人が1本1本仮止めしてから溶接した手間のかかったものです。

↑フィルター周囲を66本のロッドがぐるりと取り囲んでいます。上下をひっくり返してネジを回せばフィルターが交換が可能。フィルター交換目安は約1年です

 

天面のスリットの工夫でスムーズに空気を排出できる

排気を行う本体上部は、天面は空気の流れが整いやすいよう、異なる向きのスリットを入れ、らせん状に空気を排出。ボタンの配置にもこだわりがあります。本体の上部が反り返っているので、操作ボタンを視線から隠し、スッキリとした印象を演出しています。

↑本体上部は、3方向にスリットを配置しています

 

↑LEDランプや操作ボタンは、わざと目立たないように配置しています。モードは、静音/標準/急速/AUTO/花粉の5つ。OFFタイマーは3・6・12時間で設定可能です

 

↑フィルターはには脱臭活性炭とイオン抗菌機能を付加。0.3マイクロメートル以上の粒子を99.5%集じんします
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON