家電
2015/6/5 8:00

”携帯用おしり洗浄器”「ハンディ・トワレ」でどこでもお尻スッキリ! 

 

トイレの温水洗浄、独特の快感がありますよね。人によってはその水圧にまで強いこだわりを持つとかどうとか……。さて、その温水洗浄ですが、“ハンディ版”があるのを知っているでしょうか。温水洗浄便座の元祖であるTOTOなど、複数社から出ている“ハンディ温水洗浄”ですが、そのなかで一番人気なのがパナソニックのハンディ・トワレ DL-P300。月産約5000個というスマッシュヒットを飛ばした人気商品です。

 

手のひらサイズで持ち運び便利!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これがそのハンディ・トワレ。使用時は、中央のボタンを押すだけ。白い部分の先からニョキッとノズルが出てきて、下のような感じになります。ちなみにバッテリーは電池駆動です。

 

37_A_p

 

写真をよく見ると分かりますが、ボタンにはHI/LOのふたつがあり、洗浄の強さを切り替えることができるので便利。また、使わないときは片手にのるほどのコンパクトなサイズに収納できます。バッグに入れて持ち運ぶのも楽々です。

 

↑非使用時はこの小ささ!
↑非使用時はこの小ささ! 本体にケースをかぶせます

 

水圧はトイレ備え付けのものと遜色なし!

さて、ウォシュレットと言えばやはりポイントは水圧。そこでGetNavi編集部員が実際に使ってチェックしました。

 

ボタンを押して、ジュボボボ……。あれ? 意外と強い! 強さを「HI」にすれば、備え付けに遜色ない“快感”があります。また、「LO」でも汚れを落とすのには十分な強さ。「携帯用」ということでナメてかかっていましたが、本品は備え付け型に劣らぬパワーを持っていることが明らかになりました。そして、使った際に便利だったのが、市販のペットボトルに対応しているということ。(接続には付属のアダプターを使用)

 

↑ノズルから水が噴き出す様子。写真は「HI」のときのもの

 

 

というのも、本品の通常タンクの内容量は約130㎖のため、コンパクトな反面、何度も使うにはこまめな給水が必須なのです。しかし市販の500㎖ペットボトルを装備すれば、4倍近い容量になります。

 

0414_37_A
↑ペットボトルを繫げるとこんな感じ。持ち運ぶにはやや大きめです

 

国内では一般的な温水洗浄便座ですが、海外ではホテルにすら備わっていないこともままあります。また、国内であっても山や海、河川敷などでは温水洗浄機能未装備のトイレも多いでしょう。海外旅行やアウトドアのお供にハンディ・トワレはいかがでしょうか?

TAG
SHARE ON