家電
掃除機
2019/2/15 21:15

復活のカギは「玄関」にアリ! シャープが考える紙パック式キャニスター「逆転の秘策」

玄関の掃除ってどうしています? 一戸建てならほうきでそのまま外に掃き出し、マンションならほうきとちりとりで細かい砂・砂利を集めてゴミ箱へ。泥がこびりついている場合はぞうきんで拭き取って……という感じでしょうか。いずれにせよ、玄関の掃除はこれまで掃除機にとって不可侵エリアでした。だって、部屋を掃除するヘッドを土・砂で汚れている玄関に使いたくないですから。

 

「玄関掃除が面倒」という人に向け、紙パック式キャニスターを発売

シャープの調査によると、玄関掃除が面倒だと思っている人は74%。筆者も面倒がってほとんど掃除しません(笑)。ということは、玄関にも掃除機をかけたいというニーズがあるのでは…そう考えたシャープは2月21日、業界初の「スグ換え玄関ブラシ」を付属した紙パック式キャニスター「EC-VP510」を発売します。実売価格は5万円前後(税別)。

↑「EC-VP510」は2月21日発売、市場想定価格は5万円前後(税別)

 

シャープ

紙パック式キャニスター EC-VP510

実売価格4万8300円

 

現在、掃除機市場は横ばいで推移しています。その中身を見ると、コードレススティックが販売台数を伸ばしており、その反動でキャニスター型、特に紙パック式は縮小の一途をたどっています。そんな減りゆくニーズの中でなぜいま、紙パック式キャニスターの新製品を発売するのか? その答えが玄関掃除にあったのです。

 

紙パック式キャニスターのメリットは、手元の軽さとゴミ捨てがラクなこと

そもそも、紙パック式キャニスターに対するニーズは大きく2つあります。1つは、手元が軽いこと。コードレススティックの場合、手元にモーター/バッテリー/ダストカップのすべてが集約されているため重く、しかも片手で操作するので、長時間掃除していると手首・腕が疲れてしまいます。一方、キャニスターは重量物が本体に分離されており、手元はホース・パイプとヘッドだけなので軽く、長時間の掃除でも手が疲れないというメリットがあります。

 

その点、新発売の「EC-VP510」はパイプ部にドライカーボンを採用したことで手元質量が1.2kgと軽量化に成功しました(ホース・ヘッド・パイプの合計質量)。実際に掃除する姿勢で手元にかかる荷重はわずかに400gと、前モデルの720gから44%も削減できています。さらに軽くなり、掃除がラクになったというわけですね。

↑新製品EC-VP510の手元質量は1.2kg、手元荷重は400gとキャニスターならではの軽さ

 

もう1つのニーズは、ゴミ捨てがラクなこと。サイクロン掃除機の場合、掃除したあとにダストカップの中のゴミが飛び散らないよう、慎重にゴミ箱に捨てたり、頻繁にダストカップやフィルターの掃除をする必要があったりと、意外に面倒です。その点、紙パック式ならば、本体のカバーを開けて紙パックを取り出して捨てるだけなので、集めたゴミに触らずにすむし、フィルター等のお手入れもほぼ不要。

↑紙パック式キャニスターのメリットは手元が軽いことと、集めたゴミを目にせず触れることなく捨てられること

 

2つのメリットを複合すると、玄関掃除に行き着いた

こうした紙パック式キャニスターの特徴をさらに活かそうと考案されたのが、「スグ換え玄関ブラシ」なのです。軽いからどこでも掃除したい、紙パックだからごみに触れることもないし、ごみ捨てがカンタン→なら、玄関もついでにサッと掃除できたらいいよね、となったわけです。

↑玄関の隅に置いたままにして、いつも掃除のついでに玄関も気軽に掃除できる「スグ換え玄関ブラシ」
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON