家電
照明器具
2019/2/27 18:30

バルミューダ「子ども向けデスクライト」は、むしろオトナが使うべき! 仕事机で使ったアラフォーライター感動の声

バルミューダといえば、パンを美味しく焼くスタイリッシュなトースターなど、デザインと技術が融合した家電で人気のメーカー。そんなバルミューダが2018年10月に発売したのが、子ども向けのデスクライト「BALMUDA The Light(バルミューダ・ザ・ライト 以下、The Light)」です。この製品、子ども向けながらなんと価格が3万7000円(税別)とかなり高価。新製品発表会でThe Lightを体験したところ、「むしろオトナこそ使うべきかも?」と考えるようになりました。

↑子ども向けデスクライトBALMUDA The Lightは、植木鉢のようなかわいらしさのあるデザイン。特殊塗装なので付属のシール(手前)などを貼ってデコレーションすることも可能です

 

↑アーム部分は前後最大25度、シェードは上下に15度ほど角度を調整することが可能。側面のボタンでツールボックス内部を光らせられます

 

The Lightの「光の質」に惹かれて使ってみた

大人である筆者が「子ども向け」のThe Lightに惹かれた理由が「光の質」です。実はThe Lightが高価格である理由のひとつに、高価な「太陽光LED」を採用している点があります。一般的な白色LEDは青色LEDの光を蛍光体に通すことで白く見せていますが、太陽光LEDは紫LEDの光を利用しています。このため、目に有害といわれるブルーライトの波長が少ないのだそう。

 

筆者はライターという職業上、パソコンのディスプレイや文字を読む時間が非常に長い生活をしています。このため、次第に目の疲れや乾き目に悩まされることが増え、さらに40を過ぎたあたりから「もしかすると老眼かも?」と感じることも増えてきました。ブルーライトが本当に有害かはさまざまな論争がありますが、不安要素はできるだけ取り除きたいところ。そんなアラフォーに、The Lightは魅力的に感じられたのです。

↑筆者は仕事部屋のデスクで使用。子ども用の製品ですが、意外とどのような場所に置いても違和感のないデザインです

 

色がきちんと見えるため、文字もくっきり見える!

デスクに置いて実際に使ってみたところ、残念ながら「劇的に目の状態が改善した」といった結果には繋がりませんでした。それもそのはず、パソコンのディスプレイを長時間見つめる生活には変わりありませんから(笑)。ただし、The Lightを使って「良かった」と実感できたのが「色の見え方」です。一般的なLEDは太陽の光で見るよりも、赤などの色がくすみやすいのに対し、太陽光LEDは「モノの本当の色」が見えるといわれています。実際、より自然光に近く、赤やオレンジといった色を鮮やかに見せてくれました。筆者は仕事柄、印刷された雑誌記事のチェックや簡単なデザイン、資料の読み込みなどをすることが多いため、色をきちんと見せてくれる性能はうれしいかぎりです。

 

ちなみに太陽の光に近い「本当の色」が見える度合いは「演色性」(えんしょくせい)として数値化されています。The Lightの平均演色評価数はRa97以上。Raは最大100なので、かなり演色性が高いことがわかります。また、色が鮮やかなせいか、色だけでなく文字などもくっきりと見えるのも特徴。このため、長時間作業をしていてもあまり疲れなかったのは、非常にありがたかったです。

↑演色性が高いためか、普段使用していたデスクライト(左)よりもThe Light(右)は、明らかに色鮮やかでコントラストが高くなった印象。文字も今まで使用していたライトよりくっきり

 

一方、不満に感じたのは、比較的高価な製品ながら、光の色を変更できる調色機能が搭載されていないこと。たとえば、仕事中は集中しやすい青白い色、寝る前の読書では睡眠を邪魔しないオレンジがかった色などに変更できると便利だと感じました。

 

手元をポイントで照らしてくれるので集中して作業しやすい

色の違いに加え、使ってみて「今までとずいぶん違う」と感じたのが、光の投射方法です。もっとも大きな違いは「光を照らす範囲」。従来まで使用していたLEDデスクライトは細長い発光部で机全体を照らしていましたが、The Lightは手元部分を集中的にスポットライトのように照らしてくれます。これは人によって好き嫌いが分かれそうですが、個人的には手元の資料や書き物に集中しやすく、仕事がはかどりました。

 

なお、LEDデスクライトは複数のLEDを使用するため「多重影」と呼ばれる「影が複数重なる」現象が起きることもあるのですが、The Lightはこの多重影の対策はしていないようです。最近は多重影対策をしているLEDデスクライトも増えているので、この点は少々残念。

↑部屋を暗くすると手元がピンポイントで照らされているのがよくわかります。普段よりも集中して仕事ができるように感じました

 

↑左が多重影対策機能搭載のLEDデスクトップの影で、右がThe Lightの影。The Lightには多重影ができています
  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON