家電
オーブン・レンジ
2019/3/7 6:00

鍋ごと入れて調理ラクラク! コンパクトで庫内が広いデロンギのコンベクションオーブン

デロンギ・ジャパンは、2種類のコンベクションオーブン「デロンギ スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン EO14902J-WN」(実売予想価格3万4880円)と、「デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン EO12562J-WN」(実売予想価格2万9880円)を、3月1日(金)に発売しました。

↑「デロンギ スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン EO14902J-WN」(左)と、「デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン EO12562J-WN」(右)

 

4種類の調理モードを用意し、最適な加熱方法を選べる

両機は、「コンベクションオーブン」「オーブン」「グリル」「スローベーク」の4種類の調理モードを搭載。食材やレシピに応じて、最適な加熱方法を選ぶことができます。操作は「温度ダイヤル」「タイマーダイヤル」「調理ダイヤル」の3つのダイヤルを操作するだけでOKです。

幅は50cm程度とコンパクトながら、庫内容量は14Lと余裕のサイズ。ケーキ型や直径22cm程度の鍋がすっぽり入る広い庫内サイズを実現しています。さらに、庫内をまんべんなく取り囲むようにスクエア型のヒーターを上下にセットしているので、食材をムラなく焼き上げるのが特徴。30センチのピザストーン付属するので、自宅で本格的なピザ作りも楽しめます。付属のオイルラックを使えば、油脂をカットしてヘルシーに調理することも可能。省スペースで本格的な調理行いたい方にとって、見逃せないアイテムといえるでしょう。

鍋をそのまま入れれば、火加減を気にせず煮込み料理ができる

デロンギ コンベクションオーブン アンバサダー 料理家・渡辺麻紀さんのコメント

デロンギのコンベクションオーブンとは20年来のおつきあい。出逢った頃も今もクラシカルな雰囲気は同じですが、ひと目で「可愛い!」って好きになりました。こんなにコンパクトなのに思った以上に庫内が広くて、パワフル。熱風(コンベクション機能)で庫内全体にムラなく熱がまわり、普段のおかず作りにも、お菓子作りにも大活躍。

 

鍋をそのまま入れることもでき、火加減を気にせず、煮込み料理ができるのも使い勝手のいいところ。夕食の一品は、オーブンにおまかせしてしまいましょう。ヨーロッパの主婦にとってはなくてはならない調理家電がオーブン。メインディッシュはオーブンにまかせて、テーブルセッティングや他の家事を済ませて、ゆっくりと家族の時間を楽しむんです。そんなライフスタイルを運んでくれるのがデロンギのオーブンなのです。

TAG
SHARE ON