家電
2019/7/25 17:00

【モノ作りの現場取材】トップインタビューで実感! ハイセンス50年の集大成!

中国屈指の総合家電メーカーであるハイセンスは、今年で設立50周年を迎える。いくつかの取材を通して、日本市場でも存在感を高めつつある同社の「抱負」と、最新の「プロダクト」に迫った。

 

【詳しい商品の情報についてはコチラ

 

トップに聞く! ハイセンスジャパンの「いま」と「これから」

日本市場において着々とそのプレゼンスを高めているハイセンスのビジョンと成長戦略とは――。ハイセンスジャパンのトップに話を聞いた。

 

ハイセンスジャパン
代表取締役
李 文麗さん

大学を卒業後、ハイセンス国際有限公司に入社。米国、オーストラリア、ベルギー、韓国での勤務を経て、2011年にハイセンスジャパン代表取締役社長・CEOに就任

 

 

日本市場でナンバーワンの家電メーカーを目指します!

消費者のニーズに応じた製品を作り、提供する。それが、ハイセンスのグローバルにおけるミッションであり、戦略です。ハイセンスには50年の歴史がありますが、常に「学習」する企業であること。そして、常に新しい技術を取り入れた製品を市場に送り込み、イノベーションを起こし続けること。このポリシーは、日本市場でも変わりません。

 

ハイセンスの特徴のひとつが、多彩なジャンルの製品を展開していることです。なかでもテレビ事業は、日本市場で昨年大きな飛躍を遂げ、約9%のシェアを獲得できました。東芝映像ソリューションの映像技術を得て、同社とハイセンスそれぞれの優れた点を融合させて、良い製品を作ることができたことが要因です。具体的に言うと、東芝は画質、ハイセンスはスマート関連。必要な機能を充実させつつ、使わない機能は省略してコスパを高めたことで、日本の消費者にも受け入れてもらえました。中国では、テレビでゲームやショッピングを楽しめるインターネットプラットフォームも提供しています。今後は日本市場でも、これを搭載した高付加価値のモデルを展開していきたいと考えています。

 

一方、白物家電はテレビに比べるとまだ日本市場でのシェアが高くありません。日本メーカーはかなり手強いものの、白物家電はハイセンスの主要事業でもあるので、今後はラインナップを拡充していきます。現状はミドルまでのラインナップですが、今後はハイエンドも展開する予定です。当社の強みであるスマートソリューションサービスを提供するうえで、あらゆる家電を展開していることが大きなポイントとなるためです。

 

ハイセンスを日本市場でトップクラスの家電メーカーに成長させたいという思いがあります。今後も引き続き、日本のお客さまのご支持を受けられるよう、日本で頑張っていく所存です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON