家電
調理家電
2019/8/31 19:30

子どもを笑顔にする「幸せな家電」。三菱電機「ブレットオーブン」は3万円でも後悔のない名作

今年登場した調理家電の中で最注目なのが、三菱電機が発売したトースト専用の調理家電「ブレッドオーブン TO-ST1-T」です。これは、一般的なオーブントースターとは異なり、トーストを焼くための家電には見えない、個性的な形状を採用しています。

 

【今回レビューする製品】

三菱電機
ブレッドオーブン TO-ST1-T
実売価格3万2400円

開発したのは炊飯器などを手がけている三菱電機ホーム機器。一般的なトースターのようなヒーター管の上に網を乗せる構造ではなく、ホットプレートのようなフラットヒーターを採用しています。そして、焼くときはフタをしてパンを密閉する構造。フタ部分にもヒーターが仕込まれており、パンを熱で包み込んで焼く仕組みです。この密閉断熱構造により、パンの中の水分が庫内で充満。水蒸気で包み込むため、パンをふっくらと焼き上げることができるというわけです。

 

【使ってみた】子どもたちも大喜びのトーストが約2分半で

実際にパンを焼いてみました。フタを開けてプレートの上にパンを置きます。1回で焼けるのはパン1枚。効率は悪そうですが6枚切りの食パンなら約2分半で焼けます。

↑濃いめで焼いたトースト。香ばしい香りとサクサク食感が楽しめます。

 

トーストメニューは通常のトーストのほか、冷凍、トッピングトースト、フレンチトーストを用意。また、パンの厚みは4枚切りから5枚、6枚、8枚が選択でき、厚みに合わせて最適な焼き色で焼くことができます。

 

フタを閉めたら、モードやパンの厚み、そして焼き色のボタンを押し、最後に「スタート」をプッシュします。パンの厚みや焼き色は記録されるため、同じ条件で複数枚のパンを焼く場合はスタートを押すだけです。

 

2分を過ぎたありから本体後方の蒸気口から湯気が出始め、約2分30秒でアラームが鳴り、トーストの焼き上がりです。フタを開けると、庫内に充満している蒸気が一気に出てくるのでやけどに注意。香ばしく焼けたトーストが姿を現すとともに、香ばしい匂いも立ちこめます。

 

↑操作は表面のボタンのみ。モード、厚み、焼き色の順で設定できる

 

焼き色調整は「1.ふわふわ」「2.薄め」「3.ふつう」「4.濃いめ」「5.サクサク」の5段階。1、2は焼き色はつかず、食パンとして焼けた時の状態に戻すリベイクの印象です。こんがりしたトーストが好きなら3以上、特に4〜5段階がおすすめです。

 

オーブントースターと異なりダイニングテーブルに置いて調理を行うため、子どもたちも大喜び。率先してボタンを押し、パンが焼き上がるのを楽しみに待っていました。子どもが3人いるため、1枚ずつしか行けないのは不便かなと思いましたが、ケンカすることなく自分の番を待っていました。ダイニングテーブルに置く効能のひとつといえるでしょう。

 

↑トマトとチーズを載せたアレンジトースト。具材も蒸気でしっかり加熱されている

 

焼きあがったトーストは非常に香り豊かで、表面はさっくりと中はジューシーに仕上がっていました。子どもたちもパンの焼き上がりには大満足。普段、パンのミミを残す子も自分で焼いたのがうれしいのか、喜んで食べていました

 

【好評だったのは?】フレンチトーストに舌づつみ

特別なことをすることなく美味しいトーストが焼ける「ブレッドオーブン」。有名パン店のパンから、コンビニで売っている安い食パンまで様々なパンを試しましたが、ワンランク上の焼き上がりが楽しめました。

 

そんななかでも、子ども達からの評判も良かったのがフレンチトーストです。卵液に食パンを漬けておき、それをブレードオーブンで焼くだけ。パンを置く前に加熱プレートにバターを塗っておくと、香り豊かなフレンチトーストになります。

 

↑フレンチトーストが焼け上がるのを待つ娘たち。ブレッドオーブンから出る蒸気を噴いて遊んでいた

 

一枚のフレンチトーストが焼ける時間は約10分とやや長め。さすがにこの時間は子どもたちも待ちきれないようで、「早く食べたーい」の合唱が巻き起こりました。焼き上がってフタを開けるとトースト以上の驚きがそこに待っていました。卵液を吸ったパンはさらに空気を含み、倍近い厚みに膨らんでいました。そのビジュアルに子どもたちも大興奮。フレンチトーストをお皿に載せると無言でかぶりつきます。

↑ふっくらと焼き上がったフレンチトースト。ふわふわになったパンを潰さないようにお皿に移したい

 

「おかわり!」三人娘のためにフレンチトーストを何枚も行く羽目になるほどでした。フレンチトーストのためだけでも、「ブレッドオーブン TO-ST1-T」を購入する価値ありです。

 

↑大喜びでフレンチトーストを食べる娘たち。今でもまた食べたいと言われる出来

 

厚みの制限はありますが、食パンも「ブレッドオーブン TO-ST1-T」で楽しめます。ほかにチーズを載せただけでなく、卵を置いたり、アスパラガスなどを並べたトッピングトーストは専用モードで約6分。パンに含まれている水分により、蒸し焼きにできるため、上に載せたおかずもよりおいしく加熱できました。

 

ただし、庫内の高さは44mmしかないため、パン含めて4センチを超える背の高い具材は載せることができません。

 

【結論】使い方は限られるが美味しさと楽しさを両立している

現在様々なメーカーから高級オーブントースターが発売されています。「ブレッドオーブン TO-ST1-T」は、その中でもトップクラスの美味しさでパン焼くことができます。ただし、独自形状を採用しているため、一般的なオーブントースターのような使い方はできません。例えば、庫内の高さが低いため、クロワッサンだと背の高いパンはそのまま焼くことができません。また、フラットプレートを搭載していますがパン以外の食材を焼くことができないのも残念な点です。

 

↑ピザパンなどの薄い惣菜パンは焼ける

 

価格3万円台はトースターとしては非常に高額。しかも、「ブレッドオーブン TO-ST1-T」は基本的には食パンを焼くためのトースターで、使い方や焼けるパンが限定される製品です。

 

それでも自分のトーストが焼けたときにニコニコしながらフタを開ける子どもの笑顔はたまりません。また、フレンチトーストをうれしそうに待っている姿も愛おしくなります。食パンやフレンチトーストの美味しさに、子どもたちの笑顔も加えると、「ブレッドオーブン TO-ST1-T」の価値は数倍に膨れ上がります。

 

最高に美味しいトーストが食べられるだけでなく、ダイニングテーブルが楽しい空間に変わるトースターだと言えます。

 

TAG
SHARE ON