家電
2019/10/10 10:42

スゴく「コカ・コーラ」らしい!ベンチャー魂で新開発したコーヒーマシンは発明品レベルの名作だ

 

 

アロマティックな香りと好バランスな味に驚かされた

理想とする味を追い求め、「&Drip」の開発者は国内にある「サードウェーブコーヒー」の有名店を数多く訪れて研究。そうして行きついたのは“ど真ん中のおいしさ”だそう。ということで、「レギュラーブラック」から飲んでみました。

 

↑レギュラーコーヒーでは、1杯で約180ccが抽出されるようになっています

 

まず驚かされたのは、抽出時からあふれてくる豊かな香り。そして飲んでみると、これまた驚きがありました。というのも、筆者がイメージするドリップ式のサードウェーブコーヒーは、浅煎りで酸味の効いたフルーティな味。ただ、このブラックはそれよりもビターな深みとコクがある印象でした。それでいて適度な甘味があり、余韻はすっきり。

 

↑「レギュラーブラック」は、中煎り~深煎りの中間程度。深めのローストといえるでしょう

 

考えてみれば、“酸味の効いたフルーティな味”もおいしいのですが、万人受けする“ど真ん中のおいしさ”となると、ビター感やコクも適度に必要ということでしょう。全体的に、酸味、苦味、甘味、余韻などが好バランスで、香りは非常にエレガントという感想です。

 

↑「カフェラテ」も飲んでみました

 

「カフェラテ」は、「レギュラーブラック」と豆からして違うものを使ってブレンドし、ミルクに合う味わいに仕上げたそう。飲んでみると、ふんわりクリーミーな甘味がありながら、ベースとなる苦みもしっかり。ミルクは生ではなくパウダーのものとなり、個人的にこのタイプは好んで飲まないのですが、おいしいと思いました。

 

↑タンクは一度に600ccを入れられます。また、アタッチメントを使えば「い・ろ・は・す」を直接使うことも。このアイデアは味だけでなく衛生面でも画期的だと思いました

 

個人的に最も感銘を受けた点は、これまでにない攻めた姿勢もありながら、コカ・コーラという飲料メーカーらしいマインドがしっかりと息づいているところです。マシン自体にもこだわりを詰め込みながら、カプセルも一から開発。また「い・ろ・は・す」を使えば地域の水質に左右されることなく、統一感のある味を楽しめるという部分も、なるほどと思いました。

 

↑「い・ろ・は・す」の使用時。フタでカバーすることができます

 

ちなみにコカ・コーラのコーヒーといえば「ジョージア」ですが、「&Drip」の開発にいたってはいい意味で「ジョージア」に引きずられないよう、ベンチャー精神で取り組んだそうです。現在、本機のプロジェクトは人気沸騰中で、「Makuake」での残り台数はわずか。「ドリップイノベーション」を体感したい人は、お見逃しなく!

 

アンドドリップ コーヒー / ティーメーカー
型式:DR01/電源:交流 100V 50/60Hz 共用/消費電力:1250 W/外形寸法:幅 約 18.0 cm× 高さ 約 28.5 cm× 奥行 約 21.0 cm/質量:約 3.6 kg/水タンク容量:約 600 ml(水タンク最大目盛)/使用環境温度:10°C ~ 40°C/※本製品を使用できるのは、日本国内のみです。海外では使用できません。

 

日本人好みのドリップコーヒー。コカ・コーラのカプセル式コーヒーメーカー&Drip

 

 

【ギャラリー】

  1. 1
  2. 2
TAG
SHARE ON