家電
2020/2/21 20:00

ウォーターサーバーから「極上のドリップコーヒー」が出る日本初のモデルを試す→最高でした。

抽出したコーヒーは香りや風味が豊かで本格的な味わい

本体の設置もラクラクでしたが、コーヒーの抽出もとてもカンタン。付属のホルダーをウォーターサーバーにセットして、ボタンを押すだけ。なお、ドリップポッドはただお湯をポッドに通過させるのではなく、ちゃんとおいしくコーヒーが抽出されるよう、蒸らしや湯温も計算されている点が秀逸です。カプセルタイプなので、抽出が終わったらそのままポッドを取り出して捨てられます。

 

しかもドリップポッドだけではなく、市販のレギュラーコーヒーも使えるのがスゴいところ。こちらもお手入れがラクなように工夫されています。

↑ホルダーは2種類あって、ひとつがドリップポッド用。もうひとつがレギュラーコーヒー用。ふたつを使い分けます

 

↑ドリップポッドはひとつひとつが半球形のカプセルになっています

 

↑パックから中身を取り出して、ホルダーにセットします

 

↑抽出前に「COFFEE」ボタンを長押しして余熱します

 

↑ホルダーを所定の位置にセットして…

 

↑それぞれのポッドに適した抽出量を設定します

 

再び「COFFEE」ボタンを押せば抽出開始。軽やかなアラーム音とともに、コーヒーがカップに注がれていきます。道具の準備もいらないし、抽出時間は約1分50秒と時間もかかりません(ハンドドリップで淹れた場合のたった1/3の時間でできあがるとのこと)。

↑抽出スタート。ボタンを押したらすぐに出てきます

 

↑あっという間にできあがり!

 

淹れたてのフレッシュな1杯は、コーヒー本来の香りや風味が豊かでかなり本格的。先ほど抽出した「鑑定士の誇りスペシャルブレンド」は苦味を抑えつつも、まろやかで深い味わいが特徴です。コーヒー好きも納得の仕上がりといえるでしょう。なお、ドリップポッド各種は、「フレシャス・スラット+カフェ」マイページやUCCの公式オンラインショップのほか、家電量販店、Amazonなどのネット通販で購入できます。

↑「鑑定士の誇りアイスコーヒー」は、牛乳をプラスしてカフェオレにしてみました。深煎りのリッチな苦味とコクを感じます

 

↑コーヒーの王様「ブルーマウンテンブレンド」は、香りや苦み、酸味のバランスが絶妙。ハイレベルな味わいでした

 

暮らしのクオリティが一段上がる強力なコラボ商品

天然水のウォーターサーバーと、プロレベルのコーヒー抽出システム。両者の長所を組み合わせることでシナジー(相乗効果)を生み出した「フレシャス・スラット+カフェ」は、極めて強力なコラボ商品といえます。個人的には、もう少しコンパクトな卓上型タイプも出てくれたらうれしいですね。いずれにせよ、従来の「給水だけ」ではなく、新たな価値をプラスした本機があれば、暮らしのクオリティが一段上がるのは間違いありません。

↑「フレシャス・スラット+カフェ」で、快適でおいしいコーヒーライフを!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

  1. 1
  2. 2
TAG
SHARE ON