家電
調理家電
2016/8/26 19:00

いつも使っている調理家電を屋外に持ち出して食べるとどれだけ旨くなるのか?【家電屋外解放運動】

GetNavi&GetNavi webとロケットニュース24が毎月共通のテーマで検証を行う本連載。今回は「アウトドアごはん」というテーマだけ決めて自分たちらしい実験を行いました。

 

両者ともアウトドアごはんに疑問が。GetNavi webは「屋外で食べるご飯やお酒は、屋内で食べるそれらよりウマい。だったら、ふだんから屋内で使っていてウマい料理を作れる料理家電を外で使ったり、作ったものを食べたりすれば超絶おいしいのではないか?」。一方のロケットニュース24は「アウトドア料理の定番と言えばカレーやBBQ。いつもの料理を外で食べるのも悪くないが、果たしてそれは真のアウトドア料理なのだろうか? 自然の恵みを全身で感じるのが本筋なんじゃないの!?」。

 

という両者の疑問を解決すべく、GetNavi webは様々な家電をベランダやキャンプ&コテージ泊で使用。一方、ロケットニュース24は雑草を食べた。

 

【関連記事】

【自然の恵み】そのへんの雑草でウマかったものベスト8 / タダで食べられるだけじゃない! バイアグラ的な効果がある草もあってビビった(8/26 20時公開)

20160825_Y01_01
↑雑草をフィリップスのノンフライヤーで調理して食べる沢井メグ記者

 

ロケットニュース24の雑食(雑草+食事の略)は上のリンクで読んでいただくとして、ここからはGetNavi web側のアウトドアごはんを楽しめる家電ベスト3を紹介していきましょう

 

【その1】

ネスカフェ

ドルチェグスト

ジェニオ2 プレミアム

実売価格1万1120円

p116-02

 

【編集部・山田のインプレッション】

ふだんは、朝、出社の支度をしながら飲んだり、夜、PCで原稿作業をしているときに飲んだりするなど、コーヒメーカーとして実にベーシックな使い方をしています。ドルチェは色々なテイストを組み合わせて簡単に作ることができるから、その日の気分に合わせて選べて重宝!

 

今回は西湖のキャンプ場でコテージ泊をした際に使用。いつもと同じように、朝の起きぬけの1杯として屋外でいただきました。コテージの前にアウトドアチェアを広げて、森のなかだから空気がおいしく、屋内で飲むのとはまったく違う! 何かと荷物が増えるアウトドア泊ですが、これだけで持って行った甲斐があります&持って行く価値があります

 

また、行ったのは8月上旬でしたが、朝の気温は20度以下。夏だけど少し肌寒い早朝に、ホットのカフェラテが身体を温めてくれて最高! 9月に入ってからキャンプに行かれる人も多いと思いますが、そんなときにはさらに活躍してくれるでしょう。

 

アウトドア用のコーヒーメーカーで淹れるコーヒーも美味しいですが、大自然のなかで家電の力を借りるのもまた素晴らしい。そう感じさせてくれます。

 

【その2】

オスター

BLSTPB- WPK-040

実売価格2780円

p116-06

【編集部・山田のインプレッション】

こちらもふだん、自宅でヘビーユースしているジューサー。いつもはスムージーやシェイク、スープを作るのに使っていますが、今回のコテージ泊でも同じように使いました。

 

p116-01
↑テーブルの四隅にあるのが今回作ったキウイグレープフルーツジュース

 

レシピは簡単。キウイを剥いて、グレープフルーツジュースとミキサーでガーするだけ。固形のヨーグルトを先にコップに入れて、その上にミキシングしたジュースを入れても美味しいですよ。

 

キャンプ泊やコテージ泊は前日にBBQを楽しんで、翌日に残った食材で朝ごはんを作ることが多いと思いますが、往々にしてBBQ素材が余ってヘビーなメニューになりがち。そんななかで、このジュースはさっぱりしていて、重めの食事だと感じさせない効果があります。単に外で飲んで美味しいだけでなく、現実的な理由でも活躍してくれます。

 

また、当日ドルチェを飲んだのは、朝6時でしたが、朝食は午前9時ぐらいで気温がぐんぐんあがってくるころ。爽やかな味わいで夏のドリンクとしても最高です。

 

【その3】

パナソニック

SD-BH1001

実売価格1万4920円

p116-07

【編集部・山田のインプレッション】

最後はパナソニックのホームベーカリー。今回の取材に際して、色々な家電を屋外で使ってみましたが、コレがベストオブベスト。コテージ泊の夜に予約タイマーをセットしてから寝ました。

 

そもそも、キャンプ泊やコテージ泊の夜は散々盛り上がって、眠くなった人から脱落! というのが一般的。ですが、このホームベーカリーがあると、寝る前にみんなで一緒に最後の作業をすることになるので、その雰囲気自体がいつものキャンプ&コテージ泊とは違って新鮮です。

 

さらにここからが最高! 朝、パンの焼ける香りで目覚めることができるんです。バターの甘い香りが室内を包み込み、もうそれだけで幸せ

 

で、外メシにはまってしまって、自宅のベランダでもやるようになってしまいました。

p116-08

朝からベランダにテーブルを出してさっきのラテとジュース(写真はリンゴを皮ごとミキサーしたもの)、パンはサラダ菜と目玉焼きを載せてみました。まだいまの時期だと暑いですが、これから涼しくなる季節にはとてもオススメ! ぜひお試しください!

 

といった形でどれも室内で食べるよりも激ウマ! いつもと違う環境という面もありますが、やっぱり外で食べるのは開放的で食が進みます。今回はコテージ泊で電源があるところで試しましたが、最近はキャンプ場にもAC電源が用意されている施設が充実中。家で使っている家電を持ち出して、いつもより美味しい食事を堪能してみはいかがでしょうか?

 

TAG
SHARE ON