家電
洗濯機
2021/5/19 17:26

シワ低減や除菌清潔コースを備えた日立の縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」

日立グローバルライフソリューションズは5月19日、スマートフォン連携機能を備えた縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」3モデルを発売すると発表。6月19日に発売します。市場想定価格は「BW-DX120G」が32万円前後、「BW-DX100G」が26万円前後、「BW-DX90G」が24万円前後です。

 

新ビートウォッシュは、洗濯などの家事における時短が求められているとともに、清潔意識が高まるなかで、衣類を清潔に保ちたいというニーズに応えたモデル。乾燥時にシワを抑えた仕上がりにする「シワ低減」コースや、水で洗えないものも除菌・消臭ができる「除菌清潔」コースなどを搭載しています。

 

「シワ低減」コースは、洗濯時と乾燥時に衣類をかくはんする制御を採用し、衣類がからみにくい動かし方をすることで、乾燥時にシワがつきにくくするもの。また、新たにファンモーターを開発し、標準コースに比べて風速をアップさせた風をあてることで、シワを抑えてきれいに仕上げます。

 

「除菌清潔」コースは、水道水のミストを衣類に吹きつけて温風で加熱。衣類に湿気を加えることで熱を伝えやすくし、除菌・消臭します。水で洗えないものにも利用できるので、クッションや帽子、普段使いのコートなど、ひんぱんに洗濯できないものを清潔に保つことができます。

このほか、洗濯時に30分のつけおき運転が追加される「つけおきプラス」や、スマートフォンアプリから洗濯コースの操作などができる「洗濯コンシェルジュ」に対応しています。

 

BW-DX120Gは、洗濯容量12kg、洗濯から乾燥までの容量が6kgで、本体サイズは幅650×奥行き715×高さ1060mm、重量約70kg。洗濯時間の目安は標準で43分、洗濯から乾燥までが約170分です。

 

BW-DX100Gは、洗濯容量10kg、洗濯から乾燥までの容量が5.5kgで、本体サイズは幅610×奥行き660×高さ1105mm、重量約55kg。洗濯時間の目安は標準で34分、洗濯から乾燥までが約185分です。

 

BW-DX90Gは、洗濯容量9kg、洗濯から乾燥までの容量が5kgで、本体サイズは幅610×奥行き660×高さ1085mm、重量約55kg。洗濯時間の目安は標準で34分、洗濯から乾燥までが約175分です。

TAG
SHARE ON