家電
2022/4/30 10:30

9人のプロが厳選! いま、欲しくてたまらない家電&デジタルアイテムは?

本誌でお馴染みの評論家やインフルエンサーたちに“いま欲しいモノ”をリサーチする企画。今回は、家電&デジタル製品の注目製品を独自の視点で選んでもらった!

※こちらは「GetNavi」 2022年3月号に掲載された記事を再編集したものです

 

その1 優美な北欧家具を思わせる“家電感”のない空気清浄機(近藤)

家電ライター近藤克己さんの買い物リスト

生活家電を中心に執筆活動する家電&デジタルライター。レビューや検証記事では、“オジさん目線”を大切にしている。

【空気清浄機】

ブルーエア

Blueair DustMagnet 5240i

実売価格6万8200円

同社初の「DustMagnetテクノロジー」を搭載。独自の気流と帯電されたプレフィルター、2か所の吸引口の組み合わせにより空気中の汚れを効率的に除去する。ライトグレーのファブリック素材はインテリアとの相性も上々。

SPEC●適用床面積:〜30m2(18畳)●消費電力:5〜22W●運転音:22〜45db(A)●風量:1.3〜4.9m3/分●8畳あたりの清浄時間:15分●サイズ/質量:W230×H520×D230mm/約4.5kg

 

パッと見、家具のようなデザインが特徴。一般的な空気清浄機とは一線を画すその優美な意匠について、近藤さんはこう語る。

 

「様々なデザインの空気清浄機がありますが、どれも“家電感”が漂います。一方、本機は丸脚を採用し、ボディにファブリックをあしらうなど家具調の仕上がり。しかも小型なので、リビングの中で自然とインテリアに馴染みます」

 

確かに、多くのモデルは部屋の隅に追いやられがちだが、本機は北欧のデザインセンスが光り、ソファの横に置いても違和感がない。

 

「ビジュアルだけでなく、性能面も秀逸。小型ながら適応床面積は18畳と、日本の一般的なリビングには十分な能力を備えています。同社の基幹技術に加え、ハウスダストの除去にフォーカスした新技術を採用するなど、空気清浄機本来の性能も極めて高い。まさにデザイン性と実用性を兼ね備えた逸品なのです」

↑ブルーエア史上初めて家具調のレッグパーツを採用。底面からも吸収する構造により、ハウスダストが溜まりやすい床上30cmのエリアに効果を発揮する

 

↑吸込口を2か所に配置。ハウスダストが漂いやすい床上(下部)と、家具などに付着しやすい高さ(上部)の2か所から効率的に吸気する

 

【私はこう使う】 サイドテーブルとしても機能するのがナイス

ソファのそばなどに置いて、“人の周りの空気”をきれいにする用途で使いたい。天面はサイドテーブルとして使えるので、スマホやメガネ、テレビのリモコンなどを“ちょい置き”できるのもナイスです。

 

【コレも欲しい!】

【トースター】

シャープ

ヘルシオ グリエ AX-GR2

実売価格2万6800円

水分をたっぷり含んだ高温の過熱水蒸気でパンの中に水分を閉じ込めながら焼き上げることで、外はサクサク、中はもちもちしたトーストが完成。コレで作るトーストが一番おいしい!!

↑トーストとおかずを一度に調理可能。目玉焼きや焼き野菜を同時に作れるので、忙しい朝も立派な朝食セットが楽しめる!!

 

その2 ユニークな2層式構造と端正なルックスにキュン♡(奈津子)

家電女優奈津子さんの買い物リスト

「家電製品アドバイザー」の資格を持つ女優。家電関係のテレビ番組、イベント、ネット配信などに多数出演する。

 

【ドラム式洗濯乾燥機】

LGエレクトロニクス

LG SIGNATURE DUALWash SGDW18HPWJ

実売価格49万4640円

最大13kgの洗濯容量を誇る2層ドラム式洗濯乾燥機。上段にメイン洗濯乾燥機、下段にミニ洗濯機を備え、用途に応じて使い分けたり同時に洗ったりできる。低音設計のDDモーターと4つの独自機構により低振動・低騒音を実現。

SPEC●洗濯容量:13kg(メイン11kg/ミニ2kg)●乾燥容量:6kg(メインのみ)●サイズ/質量:W600×H850×D730mm/約94.5kg(メイン)、W600×H365×D730mm/約43kg(ミニ)

 

奈津子さんは、同社プレミアムシリーズの2層ドラム式洗濯乾燥機をセレクト。デザイン美と最先端技術を盛り込んだ本機との出会いをこう振り返る。

 

「行きつけのヨドバシAkibaで初めて存在を知り、その凛としたアート作品のような独特の佇まいに心惹かれて30分くらい撫でたり眺めたりしていました。あまりの熱気に周りから見たら完全に不審者だったでしょうね(笑)」

 

韓流スターのような端正なルックスにひと目惚れだったようだ。

 

「もちろん、アイデアや機能性にもメロメロ。メインの洗濯機とミニ洗濯機の2層式という着眼点が実にユニークで、家電好きとしてはシビレます。またスマホ連携が可能で外出先から操作でき、洗剤・柔軟剤の自動投入機能も搭載。騒音・振動も軽減しているため実用的です。ビッグサイズなので設置ハードルは高いですが、いつかは手に入れたいですね!」

↑液体洗剤・柔軟剤自動投入機能を搭載。専用ケースに洗剤と柔軟剤を入れておくと、洗濯物の量や選択コースに応じて毎回自動で投入される

 

↑専用アプリを使ってスマホと連携可能。外出先から洗濯を開始したり、残り時間や稼働中のコースをチェックしたりと様々な操作や確認ができる

 

【私はこう使う】 洗濯物の量や種類に合わせて2層を上手に使い分けたい

子ども用の衣類や洗濯物の量が少ないとき、または色落ちが気になる洋服にはミニの洗濯機のみを稼働。節水&時短につなげて使いたいです。

 

【コレも欲しい!】

【マイクロバブルバスユニット】

リンナイ

UF-MBU3

12万9800円(※)

給湯器一体型のマイクロバブルバスユニット。全身がシルクに包まれたような心地良さで、身体の芯からポカポカに。試したところ、優れた保湿力と洗浄能力で、翌日の肌のしっとり感がスゴかった!
※:ユニット本体の価格。バスタブ、リモコン、金具、オプションは含まない

↑マイクロバブルバスユニットをユニット対応給湯システムと浴槽(循環金具)との間に設置する。バスタブは循環金具を取り付ければ現在使用しているものをそのまま使える

 

その3 フレッシュでおいしい抹茶で日々の疲れを癒やしたい!(田中)

家電プロレビュアー田中真紀子さんの買い物リスト

白物家電や美容家電を得意とするライター。ユーザー目線を大切にした主婦ならではのレビュー記事に定評がある。

 

【抹茶メーカー】

World Matcha

Cuzen Matcha

3万3000円

挽きたてのフレッシュな抹茶を味わえる抹茶マシン。本体に茶葉をセットしてボタンを押すと、濃い抹茶(液体)ができあがる。ストレートのほか、様々な味にアレンジ可能。茶室の円窓をモチーフとしたデザインもスタイリッシュだ。

SPEC●同梱物(スタンダードセット):抹茶マシン×1、抹茶リーフ20g×2(プレミアムブレンド×1、シグネチャーブレンド×1)、オリジナルレシピブックほか●サイズ/質量:W220×H340×D120mm/2.1kg

 

生活家電の紹介記事を数多く手がける田中さんは、以前からお茶への関心も高かったという。

 

「以前は茶葉を粉砕できるお茶メーカーに魅力を感じていました。茶葉の栄養が丸ごと摂れるうえ、茶殻が出ないなど、メリットが豊富ですから。でも、粉砕すると粉が飛び散り、お手入れの面ではやや扱いづらいのでは、という不安もありました。そんなとき偶然この製品の紹介記事を担当することになり、資料を調べれば調べるほど気に入ってしまって……」

 

手軽に栄養が摂れて、メンテナンスもラクな点に感動したようだ。

 

「本体内で茶葉を粉砕してから一度濃い液体にするため、粉末を扱う面倒がなく、お湯にも溶けやすいのが魅力。私は仕事中、気分転換のためによくコーヒーを飲みますが、おいしいお茶でリフレッシュというのも良さそう。これからはホッとひと息、フレッシュな抹茶で癒やされたいですね」

↑茶葉は100%オーガニック。一番茶100%のプレミアムブレンド(左2包)と、一番茶と二番茶をブレンドしたシグネチャーブレンド(右2包)だ(※)
※:20gのパッケージを同梱。別売で20gと60gをラインナップする

 

↑簡単にフレッシュな抹茶が作れる。まず茶葉を入れ、専用カップに水を投入。あとは濃さを選んでスタートボタンを押すだけでOKだ

 

【私はこう使う】 大好きな抹茶ラテを作ってティータイムを充実させたい

ラテ好きの私としては、ぜひこのマシンで抹茶ラテを作ってティータイムを楽しみたいですね。カテキンは身体に良いと聞くので、毎日の習慣に取り入れて健康を維持したいです。

 

【コレも欲しい!】

【エアコン】

パナソニック

ルームエアコン エオリア LXシリーズ

実売価格34万1000円〜

最新エオリアのハイエンドシリーズです。1台で冷暖房はもちろん、換気も加湿もできるのが実に魅力的。特に加湿と「ナノイーX」による美肌効果にはぜひあやかりたいです!

↑「換気・加湿・新除湿」機能に寄与する「高分子収着剤」を室外機に搭載。部屋の空気の清潔性と快適性が向上した

 

その4 マンション住まいでもマメに洗車できる(平島)

家電ライター平島憲一郎さんの買い物リスト

生活家電を中心に、本誌やウェブ媒体などで活躍。調理家電から掃除機、美容・健康家電など幅広い知識を持つ。

 

【高圧洗浄機】

ケルヒャー

モバイル高圧洗浄機 KHB 6 バッテリーセット

実売価格3万2780円

コードレス&ハンディタイプの高圧洗浄機。本体質量1.3kgと軽量かつコンパクトなので、片手で持ってフレキシブルに洗浄できる。ベランダ周りの日常の洗浄をはじめ、洗車など電源がないアウトドアシーンでの使用にも最適だ。

SPEC●バッテリー:18V2.5Ah●吐出水量:最大200ℓ/h●許容圧力:最大2.4MPa●連続使用時間:約12分(満充電時)●充電時間:310分●サイズ/質量:W89×H265×D302mm/1.3kg(本体)

 

掃除家電のレビューを書く機会の多い平島さんが推すのは、モバイルタイプ高圧洗浄機だ。

 

「以前試した同社のモバイル洗浄機はパワーに不満がありましたが、本機は文句なし。最も便利に感じたのが、クルマの洗車です。私はマンション住まいなので、クルマの洗浄をするのに電源も水道も引きにくい環境。本機は水道直結式ですが、別売の専用自吸用ホースを使えば、バケツから水を取って完全モバイルスタイルで洗浄できます。また、予備のバッテリーがあれば、交換して長時間の使用が叶うのも魅力(そのぶんお金はかかりますが)。しかも、従来モデルと比べて質量が約半分以下になっており、使い勝手もかなり向上しています。億劫になりがちな洗車の回数が増えるはず!」

↑本製品のセット内容。バッテリーや充電アダプターのほか、ノズル類など通常使用には十分なパーツが標準装備される

 

【私はこう使う】 ベランダや網戸・サッシ、自転車の洗浄に便利

わが家の蛇口は、屋内からベランダに水を引こうとしてもホースが取り付けられないので、モバイル式、特に自吸用ホースが使えることが必須条件。自転車の洗浄にも活躍してくれそうです。

 

その5 “お湯の移し替え”が不要で手入れもラクな茶こしが魅力(石井)

家電プロレビュアー石井和美さんの買い物リスト

白物家電や日用品を中心にレビューを行う。レビューのためだけの住宅「家電ラボ」を開設するほどの本格派だ。

 

【電気ケトル】

ティファール

テイエール 1.5L

実売価格1万4100円

温度コントロールが可能な電気ケトル。取り外し可能な茶こしに緑茶や紅茶などを入れて、そのままティーポットとして使用できる。紅茶などを淹れたあとにフルーツを加えて煮出し、フルーツティーなどを作ることも可能だ。

SPEC●容量:1.5ℓ●定格消費電力:1250W●設定温度:7段階●保温時間:5〜60分(5分単位)●コード長:約1.3m●サイズ/質量:約W160×H270×D225mm/約1.92kg

 

紅茶やハーブティーが好き、という石井さんがいま注目しているのがこのアイテム。

 

「紅茶を淹れるときは、ケトルでお湯を沸かしてからティーポットに移し替える必要がありますが、この製品は茶こしが付属したケトル内でお茶を抽出できて便利。沸かすお湯の温度も7段階で調節可能なので、様々なお茶に対応します。また“煮出し”機能があるので、わが家で毎日煮出している麦茶もラクに作れそう。中が見えるガラスのポットもオシャレです。日常使うものなのでお手入れ面が気になるところですが、その点も問題なし。筒状の茶こしが付属する製品は他社にもありますが、茶殻がなかなか出てこずイライラすることも。コチラは底を外せるのでスムーズにお手入れできます」

↑タッチパネル式電源プレートを採用。飲み物に合わせて7段階(60/70/80/85/90/95/100゜C)の温度設定が可能だ

 

【私はこう使う】 輪切りレモンをたくさん入れてレモネードを作りたい

輪切りにしたレモンをたくさん入れて、レモネードを作ってみたいです。ポットにフルーツを入れると見た目もきれい。カフェなどで飲むと高価なレモネードを自分で作れるのがうれしい!

 

その6 取材音声を自動で文字起こししてくれるジャーナリストの救世主です!(安蔵)

IT・家電ジャーナリスト安蔵靖志さんの買い物リスト

ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電のスペシャリストとして多数のメディアで活躍。

 

【ボイスレコーダー】

ソースネクスト

AutoMemo S

実売価格2万4800円

録音した音声を文字化する先進のAIボイスレコーダー。名刺サイズのコンパクトボディながら、録音の状態や文字起こしの結果などを確認できる2.83インチの大画面フルカラータッチパネルを搭載し、使い勝手が向上した。

SPEC●バッテリー容量:1800mAh●内蔵メモリ:RAM 1GB/ROM 16GB●電池持続時間:16時間(録音時)、120時間(待機時)●サイズ/質量:W54×H92×D12mm/約88g

 

仕事柄、ボイスレコーダーを多用する安蔵さんは、本機がかなり気になっているという。

 

「実は、AutoMemoは前モデルから愛用。録音した音声をクラウドへのアップロードから文字起こしまで自動でやってくれるので重宝しています。新作ではディスプレイ搭載によりタッチ操作が可能で、ユーザビリティがアップ。また、音声認識エンジンが刷新され、認識精度も進化しました。音声認識エンジンはクラウド上なので、従来モデルの使い勝手も向上しています。文字起こしは月1時間まで無料で、それ以降は有料となりますが、仕事で文字起こしを行う機会が多い人にはかなり魅力的な製品だと思います。欲しい!」

↑手間のかかる文字起こし作業も本機なら全自動。音声もテキストも、すべてクラウドに自動保存されるので面倒な録音データの管理も不要だ

 

【私はこう使う】 有料プランも利用して効率的に使いたい

取材や打ち合わせで録音から文字起こしまで行うシーンが多いので、そこでたっぷり使いたい。テキスト化は月1時間以上だと有料ですが、仕事使いには効率的なので利用したいですね。

 

その7  OPPOの市場参入によりフォルダブルスマホが身近に(井上)

モバイルライター井上 晃さんの買い物リスト

スマホやスマートウオッチなど、最新モバイル事情に精通。国内外で取材し、雑誌やウェブを中心に執筆する。

 

【スマートフォン】

OPPO

Find N

日本発売未定

OPPO初のフォルダブルスマートフォン。開いた状態ではアスペクト比8.4:9の7.1型、閉じた状態ではアスペクト比18:9の5.49型ディスプレイを使用できる。高い精度のヒンジ構造を採用し、より一体感ある外観を実現した。

SPEC●ディスプレイ(解像度):メイン7.1インチ有機EL(1920×1792)、カバー5.49インチ有機EL(1972×988)●サイズ/質量:W73×H132.6×D15.9mm/275g(折りたたみ時)

 

折りたたみのスマホには興味があるが、まだ価格が高くて二の足を踏む人に、オススメのモデルを井上さんに聞いた。

 

「OPPO Find Nですね。21年、サムスン電子が発売した防水・ペン対応のモデルを筆頭に、様々なフォルダブルデバイスが身近な存在になりましたが、それでも価格面で手が届きづらいのが現状。コスパに定評のあるOPPOが同市場に参入してきたことで、今後より安価なフォルダブルが登場するのでは、という期待感が高まりました。ただし、現時点では本機が日本市場で販売されるのかどうか、そしてその場合どのくらいの価格になるのかは不明。そのうち国内キャリアで販売されたら面白いな、くらいの姿勢で見ておくのが良いと思います」

↑136個の部品を0.01mm単位の高精度のヒンジ構造で構成。閉じるとヒンジが水滴のような形になり、完全に折りたたむと隙間が生じない

 

【私はこう使う】 電子書籍やマンガを大画面で楽しみたい

ブラウジングしながらSNSでの共有を行ったり、動画を見ながら友人とチャットをしたり、といった運用を快適にできたら良いですね。また、電子書籍やマンガを大画面で読みたいです。

 

その8 大画面の有機ELテレビと相性抜群(藤原)

AV評論家藤原陽祐さんの買い物リスト

新聞記者、専門誌編集を経て独立。専門家ならではの鋭い視点で、本誌をはじめ多くのメディアで評論活動を行う。

 

【BDレコーダー】

パナソニック

ディーガ DMR-ZR1

実売予想価格36万6300円 1月28日発売

同シリーズの旗艦モデル。高剛性・低重心な筐体の採用し、先端技術や高精度なパーツなどを惜しげもなく投入したことでプレミアムな高画質・高音質を実現した。UHD BDや動画配信サービスなどの多彩なHDRフォーマットに対応。

SPEC●HDD容量:6TB●内蔵チューナー:4K×3、地デジ/BS/110度CS×3●接続端子:HDMI×2、USB×2ほか●サイズ/質量:W430×H87×D300mm/約13.6kg

 

山中湖の自宅にハイエンド機材を揃える藤原さんが現在気になっているのは、パナソニックのBDレコーダーだという。

 

「前々から、4Kチューナー内蔵の高級ディーガの話は聞いていました。4K録画に対応するだけでなく、UHD BDプレーヤーとしても最高峰を目指すということだったので、最終的にどんな仕上がりになるのか楽しみにしていました。実際に製品を試したところ、前モデルの高度な信号処理、機能性を受け継ぎながら、画質・音質が大きく進化。ディスク再生、ネット動画の視聴に加えて、4K放送の視聴・録画でも、これまで体験したことのないクオリティを実現しています。大画面の有機ELテレビと組み合わせれば、予想をはるかに超える画質が期待できます」

↑高剛性アルミフロント&サイドパネル構造を採用。これらをベースシャーシに固定することで、筐体の剛性を大幅に強化した

 

【私はこう使う】 自分のシステムをパワーアップさせる

設計もパーツも贅を極めた本機。ぜひ自分のシステムに迎え入れて、放送やパッケージソフト、ネット配信など、各メディアのクオリティを一気に押し上げたいです。

 

その9 “身体に着けない”ので気にならずによく眠れます(湯浅)

テクニカルライター湯浅顕人さんの買い物リスト

PCやデジタルガジェット、AVに詳しいライター。ニッチなアイテムに目がなく、ネットで物色する毎日を送る。

 

【睡眠分析デバイス】

Withings

Sleep

実売価格1万5260円

睡眠サイクル(深い/浅い/レム)や心拍数の追跡、いびき検出機能を備えたパッド。「Health Mateアプリ」と連携して睡眠スコアを確認でき、睡眠向上へのカスタムなアドバイスを見たり、家電の操作を行ったりできる。

SPEC●スマホ互換性:iOS 10以降、Android 5.0以降●Wi-Fi:2.4GHz(b/g/n)●通信方式:Bluetooth Ver.4.0●電源:5V 1A(USBアダプタ付属)●サイズ/質量:約W190×H637×D5mm/約350g

 

健康、特に“睡眠”に気を配っているという湯浅さんの注目アイテムが本製品だ。

 

「生活が不規則で、寝付きも良くないため、睡眠に関する商品は常に探してチェックしています。そのため、このような睡眠解析をする機器もたくさん持っていて、実際に使っているのですが、これまでのものはいずれも腕に巻くタイプ。スマートウォッチも便利ではあるのですが、腕に着けたまま寝るのは快適でないなどの問題点もありました。一方、この製品は寝具の下に敷いておけばいいので、こういった欠点は解消されますし、据え置きタイプのため“いざ使いたいときにバッテリーが切れている”ということもありません。廉価なスマートウオッチほどのリーズナブルな価格も魅力です」

↑一般的なマットレスの下に敷き、ワンタイムセットアップを行うだけで設置完了。マットレスは10〜49cmの厚さに対応する

 

【私はこう使う】 日中の行動と睡眠の関係を分析したい

私は普段から自分の行動を記録しており、後からでも確認できるようにしています。それらを睡眠データと突き合わせ、一日の行動が実際睡眠にどのような影響を及ぼすのかを分析してみたいです。

 

TAG
SHARE ON