家電
2022/4/24 18:15

湯沸かしも、お茶の抽出もコレ1台! 家電ライターが「いま狙っているケトル」って?

本誌でお馴染みの評論家やインフルエンサーたちに“いま欲しいモノ”をリサーチする企画。今回は、家電&デジタル製品の注目製品を独自の視点で選んでもらった!

※こちらは「GetNavi」 2022年3月号に掲載された記事を再編集したものです

 

“お湯の移し替え”が不要で手入れもラクな茶こしが魅力(石井)

家電プロレビュアー石井和美さんの買い物リスト

白物家電や日用品を中心にレビューを行う。レビューのためだけの住宅「家電ラボ」を開設するほどの本格派だ。

 

【電気ケトル】

ティファール

テイエール 1.5L

実売価格1万4100円

温度コントロールが可能な電気ケトル。取り外し可能な茶こしに緑茶や紅茶などを入れて、そのままティーポットとして使用できる。紅茶などを淹れたあとにフルーツを加えて煮出し、フルーツティーなどを作ることも可能だ。

SPEC●容量:1.5ℓ●定格消費電力:1250W●設定温度:7段階●保温時間:5〜60分(5分単位)●コード長:約1.3m●サイズ/質量:約W160×H270×D225mm/約1.92kg

 

紅茶やハーブティーが好き、という石井さんがいま注目しているのがこのアイテム。

 

「紅茶を淹れるときは、ケトルでお湯を沸かしてからティーポットに移し替える必要がありますが、この製品は茶こしが付属したケトル内でお茶を抽出できて便利。沸かすお湯の温度も7段階で調節可能なので、様々なお茶に対応します。また“煮出し”機能があるので、わが家で毎日煮出している麦茶もラクに作れそう。中が見えるガラスのポットもオシャレです。日常使うものなのでお手入れ面が気になるところですが、その点も問題なし。筒状の茶こしが付属する製品は他社にもありますが、茶殻がなかなか出てこずイライラすることも。コチラは底を外せるのでスムーズにお手入れできます」

↑タッチパネル式電源プレートを採用。飲み物に合わせて7段階(60/70/80/85/90/95/100゜C)の温度設定が可能だ

 

【私はこう使う】 輪切りレモンをたくさん入れてレモネードを作りたい

輪切りにしたレモンをたくさん入れて、レモネードを作ってみたいです。ポットにフルーツを入れると見た目もきれい。カフェなどで飲むと高価なレモネードを自分で作れるのがうれしい!

TAG
SHARE ON