家電
オーブン・レンジ
2022/5/31 21:15

あの人気ノンフライオーブンに“調理アシストIoT”搭載モデル登場! エペイオス「AO249A」

EPEIOS JAPANは、「EPEIOS/エペイオス」ブランドから、調理アシストIoTを実装したノンフライオーブン「AO249A」を発売しました。市場想定価格は2万9999円。

 

同製品は、2021年6月発売の既存モデル「CP247A」に、調理アシストIoTを実装した最新モデル。IoTにありがちな、「先進すぎて操作がわかりにくい」「実際に料理するときに、煩雑すぎて使い方がわからない」「頻繁に料理する設定や他のレシピを参考にしたい」などの要望から、デジタルとアナログ(手動)の程よい設定をセットしています。

 

調理アシストIoTはスマホのアプリを使用。温度調整や時間調整、調理履歴の記録や閲覧、カスタムしたレシピの記録や閲覧が可能です。そのほか、プリセットメニューの順番をユーザーレビューをもとに変更したり、頻繁に使うものを前に配置したり、公式HP記載のレシピの閲覧もできます。

 

1台6役で簡単かつヘルシーな“ほったらかしグルメ”を作ることができ、オーブン由来の豊富な調理方法と、14Lの大きな庫内容量が特徴。3層構造で様々な料理を同時調理可能で、従来のモデルで好評だった機能も余すことなくそのまま使えます。

 

また、“日本最初の金属洋食器製造専門メーカー”として110年以上の歴史を持つ燕物産とのスペシャルコラボデザイントングのプレゼントキャンペーンも実施。新潟・燕三条の技術を取り入れた職人こだわりの“Made in Japan”クオリティのトングに、両社のコラボレーションを表す特別なロゴを刻印。手が小さくても握りやすいサイズ感で、調理中や料理の取り分けなど、お好みのスタイルで使用できます。キャンペーンの詳細は、EPEIOS公式サイトの特設ページをご覧ください。

TAG
SHARE ON