家電
冷蔵庫
2015/11/19 9:19

シャープの新しい冷蔵庫は、仕事も家事もフルで頑張る夫婦 の味方!【11月19日発売】

シャープから11月19日に発売される「SJ-GT41B」は従来機を大幅に上回る使い勝手を実現したプラズマクラスター搭載の冷凍冷蔵庫。その実力を機能ごとに見ていきましょう。

gnw_151022_02_01

「SJ-GT41B」の容量は410L。400Lクラスは夫婦に子どもが1人か2人という、3~4人家族にちょうどいいサイズです。サイズ感での見どころは幅60cmというスリム。設置する場所の幅を広げてくれます。

 

 

まとめ買いもドンと受け止める、大容量の冷凍室

gnw_151022_02_02

同モデルはシャープの大容量冷凍室「メガフリーザー」を踏襲し、冷凍食品の買いだめ需要に対応します。その容量は上下段合わせて150Lあり、買い物カゴ4個分に相当。忙しくて毎日買い物に行くことができない共働きの夫婦を想定した作りになっています。編集部的には、大容量の冷凍食品を買うことが多い人(例えば、コストコユーザーとか!)にオススメしたい製品です。

 

 

冷凍室には、効率よく食品をしまえる「4切り名人」を採用

gnw_151022_02_03

つまみを上下左右に動かし、引き出し内を4つに仕切ることができます。食品のサイズや種類に合わせて、すっきり分けて入れられるうえ、冷凍食品を立ててしまえるためスペースを有効活用可能。様々な冷凍食品が登場する現在、容量を大きくしただけではなく、その収納方法にも配慮した作りにワザが光ります。

 

 

ドアポケット内の収納力と配慮は感動モノ

Microsoft Word - リリース20151015SJ-GT41B(画像).doc

ドアポケット内でごちゃごちゃになりやすいチューブ類は、斜めに立てて収納できます。ほかのメーカーには見られない機能で、スペースを無駄なく使うことが可能。

 

そのほか下段の冷凍室には、冷凍した食品の鮮度を保つ機能「新鮮冷凍」、そして扉内にある野菜室には野菜の鮮度を長持ちさせる「シャキット野菜室」が搭載されています。もちろん、庫内を除菌してくれるプラズマクラスターも標準装備で安心です。

 

 

「家電感」を感じさせない5色のカラーバリエーションがウリ

プラズマクラスター冷蔵庫

さらに、5色のカラバリにも注目。このクラスでこれだけのカラーを揃えた冷蔵庫は珍しいといえるでしょう。

gnw_151022_02_06

家電のインテリア化がすすみ、「室内に生活感を与えないもの」という観点から電化製品を選びたいという人にとっても目を引くデザインといえるかもしれません。

 

 

仕事も家庭も軌道に乗ってきた新婚夫婦や、あるいは子どもを迎えて大忙しな家族の食事を、強力にバックアップしてくれる製品となってくれそうです。
11月19日発売予定、予想価格は26万円前後です。

TAG
SHARE ON